サイトでご紹介しているストレートヘアアイロンを価格別に分けてみました。
どのヘアアイロンも私のお気に入りなので、どのヘアアイロンもおすすめですよ(^^)
ショップによってお値段は異なりますが、平均的な価格で分けているので、参考にしてくださいね!

〈ヘアアイロンの値段の違い1〉性能の違い

img_kinujo_w_25.jpg

当たり前かもしれませんが、性能が違うと値段の違いも出てきます。
ヘアアイロンは温度が重要視されますが、それ以外にも「温まるまでの時間」「海外対応の有無」「その他の髪を傷みにくくする工夫」なども値段に影響しています。
ただし性能が高いヘアアイロンでも1万円以下の低価格で取り扱っていることもあります。
それは次の「メーカーによる値段の違い」を参考にしてくださいね。

〈ヘアアイロンの値段の違い2〉メーカーによる違い

値段の違いは、機能の差なども大きく関わってきますが、メーカーによっても値段の差が現れます。
例えば、大手メーカーのヘアアイロンは広告費や人件費などもかかるので、高くなる傾向があります。
ただし、大手メーカーのヘアアイロンほど壊れにくかったり、信頼が置けるものが多いので、「どうしても失敗したくない!」という人で、お財布に余裕がある人は値段が高めのヘアアイロンを選んでもいいでしょう。
ではココからは値段別のおすすめヘアアイロンをご紹介していきますね!

値段:〜5,000円

この値段でご紹介するヘアアイロンは、店頭ではあまり見かけないものが多いです。
基本的には実店舗を持たずに、インターネット通販のみで販売しているメーカーなので、その分値段を抑えられていると考えられます。

サロニア ストレートヘアアイロン

価格の割に使い勝手が良いと、ネット上で話題となっているヘアアイロンです。
特徴としては温度が230℃まで設定できて、ヘアアイロンを使い慣れている方にとってはスッと素早くストレートにできておすすめですよ(^^)
また、シンプルでスタイリッシュな見た目から、男性でも使いやすいと評判のヘアアイロンです!
詳しくは、こちらの記事でレビューしていますので、参考にしてくださいね。

サロニア詳細を見る

ヘアリス ストレートヘアアイロン

img_kakakutai_03.jpg

へアリス ストレートアイロンはとても軽いというのが、おすすめのポイントです。
スリムなボディーで、通常350gくらいのヘアアイロンが多い中、たったの170g!
しかも、温度が上がるのも早く、60秒ほどで180℃まで達するので、忙しい朝にもおすすめですね(^^)
低価格で軽いヘアアイロンを探している人は「へアリス ヘアアイロン」を選びましょう!

ヘアリス詳細を見る

アゲツヤ ヘアアイロン

アゲツヤ ヘアアイロンは、特に10代〜20代後半の方に選ばれているヘアアイロンで、色々なカラーを選べるのが嬉しいポイント。
またアゲツヤ ヘアアイロンは、先端がラウンド型(丸型)になっているので、ストレートアイロンでありながら、ワンカールくらいのカールを作ることもできますよ!
ストレートアイロン一つで簡単なカールもやりたい!という人は「アゲツヤ ヘアアイロン」を選びましょう(^^)

詳細をショップで確認する

値段:5,000円〜10,000円

この値段帯でご紹介するヘアアイロンは、主にネット通販などで取り扱われていますが、一部店舗でも時々見かけるヘアアイロンです。

アレティ ストレートアイロン

このヘアアイロンは、とても温まる時間の早いヘアアイロンです。
なんと、170℃に達するまでにたったの30秒という驚きの速さ!
髪をブロッキングする前にすぐに温まっちゃいますね(^^;
また、ストレートアイロンですが、簡単なカールにも対応しているのも特徴です。
早く温まるヘアアイロンがいい!という人は「アレティ ストレートアイロン」を選びましょう(^^)

1番のおすすめ!【アレティ ストレートアイロン】使ってみた

値段:10,000円〜20,000円

10,000円以上のヘアアイロンは、大手メーカーや業務用のヘアアイロンが多くなってきます。
品質や何かあった時の対応にはとても期待できるので、値段が高くなってもいいから、安定のヘアアイロンが欲しい!という場合はここから先の価格帯のヘアアイロンを選びましょう。

Onedam(ワンダム)ストレートアイロン

Onedam(ワンダム)ストレートアイロンは、おしゃれな美容室などでも頻繁に見かけるヘアアイロンですね。
プレート部分が少し薄めに設計されているので、ミディアムヘアくらいの男性にも、とても人気のあるヘアアイロンです。
髪が短め、男性ぽいデザインがお気に入り!という場合は、「Onedam(ワンダム)ストレートアイロン」を選びましょう!

ワンダム詳細を見る

パナソニック ナノケア

Panasonicといえばドライヤーのナノケアなどで、髪にやさしいことで有名ですが、同じくナノイーを発生させることで髪へのダメージを極力抑えられるヘアアイロンです。
また、グロスコーティングというカラーリングの色落ちを抑える機能もついているので、ヘアカラーを長持ちさせたい!という人は「パナソニック ナノケア」を検討してみましょう。
詳細はレビューしていますので、こちらでご確認くださいね(^^)

パナソニック詳細を見る

アイビル FDストレートアイロン

img_design_02.jpg

アイビル FDストレートアイロンはご紹介するヘアアイロンの中で一番の超軽量が特徴です。
重さはなんと、170g!!
業務で何度もヘアアイロンを使う、美容師さんに広く愛用されていて、手が疲れにくいのがおすすめのポイントです。
アイビルはヘアアイロンの老舗メーカーなので、壊れにくく、信頼感も抜群のヘアアイロンですよ(^^)
こちらの記事中にも紹介しているので、是非ご覧になってくださいね!

170g!? 普通サイズなのに軽いストレートヘアアイロン

値段:20,000円〜

正直、10,000円以上のヘアアイロンで違いをつけるのは難しいのですが、ご紹介するヘアアイロンは髪へのダメージを極力減らすことを目標に作られているヘアアイロンです。
頻繁にヘアアイロンを使うので髪のダメージが心配・・・という人は、この価格帯のヘアアイロンを選びましょう!

ADST(アドスト)Premium DS2

ADST(アドスト)Premium DS2はヘアアイロンのフェラーリと呼ばれるくらい高級なヘアアイロンで、プレッシャーサークルと呼ばれる髪に熱を均等に割り当てる機能が特徴です。
また、ヘアアイロンを頻繁に使用する美容師さんが、10年使っても壊れないと言われているくらいの耐久性も大きな特徴です。
できるだけ長く使い続けたい!という人は、「ADST(アドスト)Premium DS2」を選びましょう。
お値段などはこちらから確認です。

アドスト Premium DS2詳細を見る

HAIRBEAURON(ヘアビューロン)

img_hairbeauron_st_01.jpg

最後にご紹介するのはヘアビューロンというヘアアイロンです。
ご紹介する中で一番値段が高いのですが、その分、他のヘアアイロンには見られないような髪への優しさが垣間見えます。
ヘアアイロンは通常熱で髪を変化させてストレートにするのですが、ヘアビューロンは「バイオプログラミング(R)」を使ってストレートヘアを実現させます。
バイオプログラミングを使えば、40℃くらいの低温でも髪がまっすぐになるという結果も出ていて、髪のダメージを絶対に減らしたい!という人には特におすすめのヘアアイロンですよ(^^)
ヘアビューロンの詳細はこちらの記事でご紹介しています。

ヘアビューロンの詳細を見る

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもかをフォローしよう!