img_makegina_01.jpg

今回は、元Popteen専属モデルで雑誌Rayの専属モデルとして活躍中のみずきてぃ(西川瑞希)さんプロデュースのヘアアイロンMAKEGINA(メイクジーナ)をご紹介します。
みずきてぃさんはモデルであると同時に、様々なコスメ雑貨商品をプロデュースしている方で、例えばカラーコンタクトRICHBABY YURURIAシリーズなどの売れ筋商品もプロデュースしています。

img_makegina_02.jpg

また、プロデュース以外にもYoutubeなどの動画を通してダイエットやむくみなどの悩み、メイクなど女性に嬉しい内容を配信していることでも有名です。
みずきてぃさんの動画がまとまっているサイトを見ると、色々紹介しているのがわかると思います。

img_makegina_03.jpg

みずきてぃ動画 MizukiTVへ

ヘアアイロンMAKEGINA(メイクジーナ)は、そんなみずきてぃさんがプロデュースしているヘアアイロンなので、とても期待が持てるヘアアイロンではないでしょうか。
MAKEGINA(メイクジーナ)にはストレートアイロン1種とカールアイロン2種がします。
基本的な機能は共通する部分も多いのですが、まずはストレートアイロンの方から紹介していきますね(^^)

img_makegina_04.jpg

最高220℃まで細かく温度設定可能

img_makegina_05.jpg

MAKEGINA(メイクジーナ)の1つ目の特徴は、温度が100℃から220℃まで5℃単位で細かく設定できるトコロ。
髪は低い温度でストレートにしてもすぐに元のくせ毛に戻ってしまいます。
癖が強い人だと尚更ですね^^;
ストレートにならないからと低い温度で何度も髪にプレートをあててしまうよりも、
高い温度でサッと素早くストレートにしてしまうほうが髪にはいいと言われています。
おすすめの温度は180℃以上。
髪が太い人やクセが強い人はもう少し高めの温度が良いので、220℃という高温まで細かく温度設定ができるMAKEGINA(メイクジーナ)はどんな髪質の人にも合わせやすいというわけですね(^^)

髪に優しいクッションプレート

img_makegina_06.jpg

MAKEGINA(メイクジーナ)はプレートにクッションプレートを採用しています。
クッションプレートというのはプレートがバネのように上下にギュッギュッと動くプレートのこと。
通常のプレートだと、髪をギュッと強く挟みこんだままヘアアイロンをスライドさせると、髪の表面が傷ついてしまったり、髪が引っ張られて切れ毛になってしまいます。
ヘアアイロンを使用する時は髪を優しく挟み、スッと軽くスライドさせて、熱の力で髪をストレートにするのが正しいやり方。
使い慣れていないと髪を伸ばそうと、どうしても力が入ってしまいますが、このクッションプレートはバネの力で髪を強く挟み過ぎないので、髪に優しい仕様なんです。

先端のシリコンですべり止め

img_makegina_07.jpg

MAKEGINA(メイクジーナ)はプレート先端にシリコン素材が使用されています。
ヘアアイロンを使用するときに持ち手と反対の手で先端を押さえるときに、滑りにくい仕様になっているんですね。
これはストレートアイロンというよりも後に紹介するカールアイロンの時に重宝する機能です。

デメリット

img_makegina_08.jpg

良いところが多いヘアアイロンなのですが、気になる所もありました^^;
MAKEGINA(メイクジーナ)は電源を入れた初期状態が100℃に設定されています。
ですから、もう少し高温で使いたい時は温度を上げるボタンを連打しないといけないんですね。
慣れればいいんですけど、ちょっと面倒くさい…
しかも、温度を覚えてくれる機能はなく、一度電源OFFにしてもう一度ONにすると、また100℃から。
せめて初期温度設定が180℃とかだったら良かったんですが^^;
改善に期待です。

カールアイロンは?

img_makegina_09.jpg

温度
カールアイロンの温度はストレートアイロンと同じで100℃から220℃ま5℃刻みで設定できます。
先端部分にシリコン使用
先端にシリコンが使用されているのも同じですが、カールアイロンの場合はこれが結構便利!
カールアイロンは先端を押さえていてもプレートと距離が近いため長時間使用すると段々先端も熱くなるものがあるんですよね…
MAKEGINA(メイクジーナ)は先端のシリコンのおかげで、全く熱くならない!
しかもシリコン素材は滑りにくいので、しっかり抑えてスタイリングができますよ(^^)
挟むチカラにこだわり
バレルの挟むチカラにこだわりがあるみたいで、ゆるくなく強く挟み過ぎない、ちょうどいい強さに調整しているみたい。
でも、あんまり分からないかな…^^;
挟むチカラには特に不満はないので、それがちょうどいい強さってことなのかも。
サイズ
img_makegina_10.jpg

サイズは2種類用意されていて、太めの32mmと細めの26mm。
サイズ的には少なめですが、みずきてぃさんのゆるふわヘアを参考に作られているので、この2つでも充分かな^^;
ミディアムからロングの方は32mm、ショート〜ボブくらいは26mmを検討してみるといいかも。

最後に

みずきてぃプロデュースのヘアアイロンMAKEGINA(メイクジーナ)をご紹介しましたがいかがでしたか?
さすが、みずきてぃさんがプロデュースしているだけあって、平均的にはいい感じです。
でも、何かすごく特徴があるところがあるかというと、そうでもないので、当たり外れが少ないヘアアイロンと言えるでしょう。
しかも、モデルさんプロデュースとあって、お値段高めなのでは!?と思っていましたが、意外にリーズナブルでした^^;

MAKEGINAストレート詳細はこちら

MAKEGINAカール詳細はこちら

 

こちらでもおすすめのヘアアイロン紹介しています(^^)
↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもかをフォローしよう!