img_berenike_13.jpg

今回の記事について

今回は携帯ポータブルヘアアイロンの自宅使いを検討している人に、メリットやデメリットをお伝えして行こうと思います。
実は私も一度試したことがありますので、その感想も踏まえて。
携帯ポータブルヘアアイロンのおすすめはこちらでも紹介しています。

コンパクトで持ち運びに便利!コードレスヘアアイロン

外出先で髪型を直したいと思い、携帯ポータブルヘアアイロンを購入しました。
外で風に吹かれて髪が乱れてしまったり、夕方くらいに髪型が崩れてきた時にチャチャッと髪型を直せるので、すごく便利で買って良かった!という感じです。
そんな時、フトいいアイディアが浮かびました。
「このポータブルヘアアイロンを自宅でも使えたら、ヘアアイロンを2台持たなくていいかも!」
自宅のヘアアイロンも少し古くなってきたし、買い換えようかな・・・と思っていた時期だったので、実験ついでに実際に試してみました。
何日か使ってみて感じたことは…
やっぱり使いづらい!
携帯ポータブルヘアアイロンは外出先で毛先や前髪をちょっと直す程度に使うのがいいですね^^;
使いづらかった理由もご紹介していきます。

髪全体だと使いづらい

img_cordless_demerit_01.jpg

携帯ポータブルヘアアイロンはバッグに入るくらいのサイズに作られているため、髪に当たるプレート部分も小さいです。
ショートヘアくらいの髪の長さなら何とか髪全体も行ける思いますが、ミディアム、ロングになってくると難しいですね^^;
なんとか行けたとしても、通常の3倍くらい時間がかかってしまいます。
携帯ポータブルヘアアイロンはあくまで前髪や毛先の崩れを直す程度に使いましょうね(^^)

温度が上がりづらい?

img_cordless_fast_01.jpg

携帯ポータブルヘアアイロンは小さいので温度が上がりづらいというイメージがあるみたいです。
確かに昔のポータブルヘアアイロンは温度が上がりづらいものがあったみたいですが、最近のものは200℃くらいまであがるものも多いですよ(^^)
温度という面では問題ありませんね。
ただし、温度が上がるスピードは通常のヘアアイロンに比べると多少遅いかも。

電池がもたない

携帯ポータブルヘアアイロンは充電式のものがほとんどです。
一度の充電で約3時間、フル充電で連続使用時間は30分くらいのものが多いのではないでしょうか。
ですから、使用する前に必ず充電が必要になってきます。
もし毎日充電する人は毎日充電が必要ですし、時々ヘアアイロンを使用する人は前日に充電しておく必要があります。

コンセントを挿したまま使用すればいいのでは?

コンセントを挿したまま使用するという手段もありますが、使用中に抜けてしまうこともありますし、360℃回転コードなども付いているものが少ないと思うので、断線の恐れがあります。
また、コンセントを挿したまま使用すると、充電→放出→充電→放出を繰り返すので、充電池の寿命がすぐに来てしまい、いざ外出先で使用するときに、連続使用時間が短くなってしまうので、あまりおすすめできません。

どうしても1台にしたいとき

自宅用、外出用と2台持つのが一番だと思うのですが、どうしても1台にまとめたい!という人もいるでしょう。
そんな人にひとつご提案。
軽量のヘアアイロンはいかがでしょうか?
大きさは通常のヘアアイロンと同じなので、バッグに入るかどうかを見極めないといけませんが、軽量のため持ち運びは多少便利になるかもしれません。
通常のヘアアイロンだと300gを超えるものが多いですが、軽いものだと約半分の170gくらいのヘアアイロンもありますよ(^^)
大きいのはちょっと…という人には向いていませんが、とにかく軽ければいい!という人にはおすすめです。

170g!? 普通サイズなのに軽いストレートヘアアイロン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもかをフォローしよう!