img_cordless_12.jpg

最近のヘアアイロンは、温度が高いものが多いですよね!
家庭用のヘアアイロンでも、200℃を超えているものを頻繁に見かけます。

なぜ高温のヘアアイロンが増えたの?

髪をストレートにするのに最適な温度は170℃以上です。
それよりも低温でも可能ですが、中々ストレートにならないため、何度も髪の上をスライドさせたり、同じところに何秒もあてたりする必要があります。
実はコレは髪に大きなダメージを与えてしまう原因。
ダメージを極力減らすには、170℃〜の高温でサッとスライドさせてストレートにするほうが良いんです!

こんな理由で、通常のヘアアイロンは200℃を超えるものが多いのですが、コードレスヘアアイロンはどうなんでしょうか?

コードレスヘアアイロンは高温にならないって聞いたけど・・・

コードレスヘアアイロンを使った人の中には

思ったように温度が上がらない・・・
手でも触れる温度しか上がらない・・・

という意見もあるみたい^^;
さすがに手でも触れるというのは不良品の可能性が高いですが、通常のヘアアイロンに慣れている人だと、温度にちょっと戸惑うかもしれません・・・
高温にならないのには、おそらく2つ原因があります。

温度が下がりやすい

コードレスヘアアイロンのプレートは小さいので、通常のヘアアイロンと同じ髪の量を挟むと、急激に温度が下がってしまいます。
あくまでコードレスヘアアイロンは、セットが崩れた時の修正用程度に考え、一気に髪を挟むのは避けましょう。
もし、コードレスヘアアイロンで最初からセットすると、相当時間がかかってしまうと思いますよ^^;
また、温度が下がりやすいのを考慮して、普段180℃で通常のヘアアイロンを使っている人も、コードレスヘアアイロンでは200℃などに設定すると良いでしょう。

温度上昇に時間がかかる

コードレスヘアアイロンの中には、最高温度は高くても、そこに達するまでに何分もかかるものもあります。
こういったものだと、最高温度に達した後に、髪を挟み、プレートの温度が下がると、また温めるのに時間がかかるので、ずっと低い温度のままだと感じてしまいます。



こういう2つの理由から、コードレスヘアアイロンは、高温にならない!使えない!と思われているみたいですね^^;

そうならない為に・・・
・温度が下がっても大丈夫な「高温設定にできる」もの。
・プレートが冷えてもすぐに戻る「温度の上昇が早い」もの。
ここからは、この2つの条件を満たした、おすすめのコードレスヘアアイロンをご紹介していきます(^^)

高温設定できるヘアアイロン 第1位

ベレニケ コードレスヘアアイロン
img_cordless_11.jpg

最初にご紹介する高温のヘアアイロンは「ベレニケ コードレスヘアアイロン」です!

最高210℃の高温設定

ベレニケ コードレスヘアアイロンは、なんと、210℃まで温度を設定することができる、優れたコードレスヘアアイロンです。
コードレスでここまで高温にできるのは、私が知っている限り、ベレニケしかありません!
外出先でもしっかりと髪を整えたい!
髪が太く癖っ毛だけどしっかりストレートにしたい!
という人は、是非ベレニケ コードレスヘアアイロンを選びましょう(^^)

170℃まで30秒!

そして、ベレニケ コードレスヘアアイロンは高音になるまでのスピードもモノ凄いんです!
温度が170℃、190℃、210℃と設定できるのですが、170℃までたったの30秒!
高温に設定できる上に、このスピードは素晴らしいですね(^^)
210℃までも1分ちょっとですよ!

値段は少し高い

ただし、ベレニケはコードレスヘアアイロンの中では少し値段が高めかも^^;
税込みで1万円弱くらいです。
でも、使えない!というコードレスヘアアイロンよりも、このくらいの値段で、しっかりと使えるコードレスヘアアイロンを選んだほうが後々絶対に得です!

ベレニケ ヘアアイロン詳細を見る

高温設定できるヘアアイロン 第2位

ヒーローグリーン コードレスヘアアイロン
img_cordless_14.jpg

次にご紹介する高温のヘアアイロンは「ヒーローグリーン コードレスヘアアイロン」です!
ヒーローグリーンは、180℃と200℃の2段階に高温設定できるコードレスヘアアイロンで、温まるまでのスピードも90秒と、ベレニケには少し劣りますが、コードレスの中では早い方です。
高温設定や高温までの上昇スピードを重視するのなら、ベレニケを選んだほうが良いのですが、ヒーローグリーンには、一つだけベレニケには負けない大きな特徴があります。

軽くてコンパクト

ヒーローグリーン コードレスヘアアイロンは、とにかく軽くてコンパクトなんです!
持ち運びするコードレスヘアアイロンには欠かせないですよね!
本体だけ見るとそこまで変わりませんが、耐熱袋まで含めると、バッグの中でとてもコンパクトに収まりますよ!
ちなみに大きさは18cmで142gです。
スマホより軽いですね(^^)

ヒーローグリーン 詳細を見る