今ではあまり見かけなくなりましたが、以前はコードレスヘアアイロンといえばガス式や電池式のものが多く出回っていました。
その名残りで今もガス式や乾電池式を見かけますが、新たにコードレスヘアアイロンを購入する人には、その2つはデメリットが多いのでオススメしません。

今回はそんなガス式・電池式のコードレスヘアアイロンを使ってほしくない理由をデメリットを踏まえてお伝えしていきますね。

ガス式・乾電池式コードレスのデメリット

〈デメリット1〉最高温度が低い

髪をストレートやカールにするために必要なヘアアイロンの温度は、180℃以上は必要と言われています。
通常のヘアアイロンは180℃や200℃以上のものも多く、コードレスヘアアイロンでも200℃近くに設定できるものもありますよね。

でもガス式や乾電池式のコードレスヘアアイロンは最高温度が140℃程度のものが多く、これではいくら前髪や毛先の直し程度でも、セットするのは難しくなってしまうでしょう。

200℃まで設定できる電池式のコードレスヘアアイロンもありますが、実際にはプレートは少し手で触れてもやけどしないくらいの低温だったり、電池残量が少し減ると急激に温度が下がるものもあります。

最高温度が低いと、いくら小型でもただの荷物になってしまうので、ガス式・乾電池式のコードレスヘアアイロンは選ばないようにしましょう。

〈デメリット2〉温まるスピードが遅い

ガス式・電池式のコードレスヘアアイロンは最高温度も低いですが、温まるスピードもあまり期待できません。
例えばあるガス式のコードレスヘアアイロンは、最高温度に達するまで5分もかかってしまいます。
外出先でコードレスヘアアイロンを使う状況を考えると、そんなに待てませんよね(^^;

もっと早く温まる電池式・ガス式のコードレスヘアアイロンもあると思いますが、充電式に比べると温まる時間は遅いと考えた方が良いでしょう。

〈デメリット3〉ランニングコストがかかる

充電式のコードレスヘアアイロンは、電気が無くなればまたコンセントやUSBを使って充電することができます。
充電のために電気代はかかりますが、それほど負担にはならないでしょう。

でも、ガス式・電池式のコードレスヘアアイロンは、使い切ると、お店でガス缶や乾電池を購入する必要があります。
何百円かもしれませんが、これは充電式のコードレスの電気代に比べると高くついてしまいますよね。

デメリット1や2で挙げたデメリットに加えて、ランニングコストも高くなるとすると、もう電池式やガス式のコードレスを使う意味がないかもしれません(^^;

〈デメリット4〉ゴミが増える

ガス式・電池式のコードレスヘアアイロンは、ガス缶や乾電池を交換すると、使い終わったものは捨てる必要がありますよね。
乾電池なら苦にならないかもしれませんが、ガス缶は中身を使い切って穴をあけてゴミに出すので、ちょっとめんどくさく感じるかも。

それに使うごとにどんどんゴミが増えるなんて、エコじゃないですよね(^^;

充電式のコードレスヘアアイロンは電池が切れたら充電するだけなので、ゴミが出る心配もなく、手間的にも地球環境にも優しいですよ。

〈デメリット5〉選択肢が少ない

以前はコードレスヘアアイロンと言えば、ガス式や乾電池式が主流でしたが、現在では充電式のコードレスヘアアイロンの方が多く見かけるようになりました。
そのため充電式は色々なデザインや機能の付いたものから自分に合ったものを選ぶことができます。

対してガス式や電池式のコードレスヘアアイロンは現在では種類も少なく、選択肢は非常に少なくなってきます。

自分が気に入ったデザインじゃない時点で、女の子にとっては選ぶ価値が無くなってしまいますよね(^^;

ガス式・電池式のコードレスヘアアイロンのメリット

ここまでガス式・電池式のコードレスヘアアイロンのデメリットをお伝えしました。
悪いところだけ挙げたので、最後にガス・電池式のメリットもそれぞれ挙げておきますね。

ガス式・電池式のメリット

ガス缶や乾電池を入れ替えるだけで使える

充電式のコードレスヘアアイロンは充電中は使えないものが多いです。
ですから誤って充電するのを忘れてしまうと、何時間も充電のために待機することとなります。
ガス式や電池式のコードレスヘアアイロンは、ガスや電池が無くなれば交換するだけですぐに使えるようになるので、予備を持ち歩けば充電式より安心して持ち運ぶことができるんです。

ガス式特有のメリット

1つのガス缶で長時間使える

ガス式だけのメリットですが、ガス式は1つのガス缶で大体4~5時間使えます。
充電式は30分程度しか使えないものが多いので、長時間使いたい人には便利ですよね(^^)

でもやっぱりコードレスヘアアイロンは充電式!

ガス式・電池式のコードレスヘアアイロンのメリットも挙げてみましたが、やっぱりメリットよりもデメリットのほうが勝っているように感じます。
いくらメリットで挙げた部分が良くても、ヘアアイロンとしての基本機能が不十分だと使い物になりませんからね(^^;

もし電池式・ガス式のコードレスヘアアイロンを検討していたのなら、今からでも遅くありません!
充電式のコードレスヘアアイロンも検討してみてください。

最後に

ここまでガスや乾電池コードレスヘアアイロンのデメリットをお伝えしましたが、いかがでしたか?

ちなみに充電式を含めたコードレスヘアアイロンは、こちらの記事でも詳しくお伝えしています。
おすすめのコードレスヘアアイロンも紹介しているので、参考にしてみてくださいね(^^)

コードレスヘアアイロンおすすめ9つ厳選!上位はコードあり並の実力

 

以上「ガスや乾電池コードレスヘアアイロンのデメリット|充電式が良い理由」でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもかをフォローしよう!