こんにちは。管理人のもかです。

今回は30mm以上の幅広プレート「ワイドヘアアイロン」を紹介していきますね(^^)
「ヘアアイロンの時間を短縮したい」あなたには特におすすめの記事かな。

もか(私)もか(私)

さっそく一緒に見ていこっか。

ふわこちゃんふわこちゃん

はーい

こんなあなたにおすすめしたい

家を出るまで残り30分!
髪ボサボサだし、ヘアアイロンしたいけどどうしよう・・・
髪の量は多いし剛毛だし、今からヘアアイロンしても30分くらい掛かりそう(+o+)

こんな状況よくありますよね^^;

いつもお出かけ前にヘアアイロンする時間がとれない!
そんなあなたにおすすめするのは、



30分早く起きること!

ふわこちゃんふわこちゃん

そうなんですかー? 早起き頑張りまーす☆

もか(私)もか(私)

あ、冗談だからね!
早起きも大事なんだけど^^;

そうじゃなくて、
時間を短縮したいなら「幅広のワイドヘアアイロン」を使うことがおすすめなんです!

ヘアアイロンはただでさえ時間がかかるのに、髪の量が多いと30分くらい時間がかかってしまいますよね^^;
プレートが幅広のワイドヘアアイロンを使えば、その時間が5〜10分くらい短縮できるかも!
朝バタバタしたくない!という人は、必見です(^^)

ワイドはこんな人におすすめ

・髪の量が多い
・髪が固くていつも時間がかかる
・ヘアアイロンの時間を短縮したい

プレートが幅広だとこんなメリットが!

幅広のワイドヘアアイロンを使えば、髪の量が多い人でも一気に時間短縮ができます。

髪の量が多いと、普通サイズのヘアアイロンでは時間がかかりますよね。
普通は毛束を3〜5センチくらい持ってアイロンしていきますが、「この作業何十回やらなきゃいけないの・・・」と気が遠くなっちゃう^^;

幅広ワイドのヘアアイロンは、髪を挟める量が一気に増えて、5〜10センチくらいの毛束を挟めます。
そのおかげで、髪の量が多い人でも大幅に時間短縮できますよ。例えば今まで8等分ブロッキングしていた人は、6等分とかにしても十分対応できるかも。

逆にデメリットもある?

ワイドヘアアイロンは便利なだけでなくデメリットもあります。
大きく分けると2つです。

重くて手が疲れる

ワイドヘアアイロンは重くて、長時間使うと手が疲れやすくなります。

通常のヘアアイロンと比べてプレートが広くなるから、重くなるのは当然ですね^^;
機種によっても違いますが、大体1.5倍くらいの重さになります。重いものだとペットボトル1本分くらいの重さになり、しかも先端(プレート側)が重いので余計に手に負担がかかってしまうかも。

時短にはおすすめですが、普通のヘアアイロンでも手が疲れちゃう人は要注意かな。

前髪はやりづらい

通常と比べるとワイドヘアアイロンは、前髪など細かい部分がやりづらくなります。

大きい分、細かい作業が苦手なんですね^^;
伸ばすのには支障はありませんが、前髪をクルンとさせるのは難しいかも。
それどころか身長にやらないとおでこをやけどしちゃう可能性もあるので、細かい作業をしたい!って考えている人は、今持っているヘアアイロンを使うなど、別にもう1台ヘアアイロンを用意するのがおすすめです。

プレート幅はどのくらいの広さがおすすめ?

ワイドプレートの幅は、自分の髪の量と重さを見比べながら選びましょう。

プレート幅が広いと重量が重くなる傾向にあります。ですから単純に一番幅広のものがいい!と選んでしまうと、重くて使えない可能性が。
それを防ぐために、自分の髪の量にあったプレート幅を選びましょう。
普通の髪の量で時間短縮したいだけなら、30mm程度。いつもヘアアイロンに30分以上時間がかかる人は40mmくらいのモノがおすすめです(^^)

この後紹介する「ワイドヘアアイロンおすすめランキング」では、各ヘアアイロン毎に上のような感じでプレートの幅を記載しました。
参考にしてくださいね(^^)

もか(私)もか(私)

じゃあさっそくワイドヘアアイロンのおすすめを紹介するね!

ふわこちゃんふわこちゃん

はーい

ワイドプレートおすすめヘアアイロン TOP6

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第6位

ヴィダルサスーンスチームヘアアイロン

最低・最高温度140℃〜200℃(4段階設定)
プレートの幅32mm
重さ470g
参考価格17,150円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

ヴィダルサスーンのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第6位は「ヴィダルサスーンスチームヘアアイロン」。
ヴィダルサスーンは、広告などで良く見かけるメーカーですが、スチームタイプのヘアアイロンが欲しい人に特におすすめですよ。

スチームはスタイリングが長持ち

スチームはスライド中にプシュッとスチームを出して髪をストレートにする機能ですが、使うことでスタイリングを長持ちさせることが出来ると言われています。
スチームの強さは2段階に調整できるので、自分の髪に合った方を洗濯出来そうですね。
ヘアアイロンしても昼過ぎくらいにはボサボサに戻っちゃうというあなたには、スチーム付きのヴィダルサスーンがおすすめですよ。

デメリット:水を入れるのが面倒

スチームを使えばスタイリング長持ちしますが、使うためにはタンクに水を足す必要があります。
そのくらい簡単と思うかもしれませんが、無くなるたびに毎回入れるのは億劫になってきます。
マメに水を入れる自信がない人は別のヘアアイロンにした方が良いかもしれませんね。

ヴィダルサスーン詳細を見る

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第5位

アドスト プレミアムワイド

最低・最高温度60℃〜180℃(5℃単位で設定)
プレートの幅38mm
重さ340g
参考価格30,342円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

アドストのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第5位は「アドスト プレミアムワイド」。
アドストは、ヘアアイロンのフェラーリと言われるくらいの高価ですが、愛用している美容師さんが多いブランドのヘアアイロンです。

使いこなせれば髪に優しい

美容師さん愛用のヘアアイロンなので、もちろん性能は高いです。
でも最初は使いこなせず難しいって感じてしまうかも。

例えばアドストには「ノーマル・パワー・ダメージ」の3つのモードが付いています。

アドストの3つのモード

通常は「ノーマル」をつかいますが、その他に「パワー」は温度低下を最小限にするモード、「ダメージ」は毛先に行くほど温度を低くして毛先へのダメージを和らげるモードです。

この3つのモードに加え温度低下を色で知らせてくれる機能など、美容師さんには嬉しい幅広い機能が付いているので、正直全部は使いこなせないかもしれません^^;

でも使いこなせれば髪の傷みを最小限にしてヘアアイロンできるかも。

もし美容師さん並にヘアアイロンを使いこなしてみたい!という人は「アドスト プレミアムワイド」を選びましょう。

アドスト詳細を見る

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第4位

テスコム TTH2650

最低・最高温度100℃〜200℃(5℃単位で設定)
プレートの幅35mm
重さ530g
参考価格9,980円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

テスコムのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第4位は「テスコム TTH2650」。
テスコムはワイドプレートにしては低価格で、紹介する中で一番リーズナブルなヘアアイロンですよ。

参考価格は1万円以内

他のワイドヘアアイロンは15,000円以上のものが多いですが、テスコムは1万円以内(参考価格)で購入できるショップもあります。
あまり安いヘアアイロンは信頼にかけますが、テスコムは他にも様々な美容家電を販売しているメーカーなので、心配ありませんよ。

もし信頼のおけるメーカーのワイドヘアアイロンで低価格にゲットしたい!というあなたは「テスコム TTH2650」を選びましょう。

デメリット:手にズッシリした重さ

テスコムはリーズナブルでおすすめのワイドプレートのヘアアイロンですが、500mlのペットボトル並みに手にズッシリとのしかかる重さがあります。
いくらリーズナブルん時短できても、手が疲れたら意味がない!と思うのなら、別のヘアアイロンも検討してみましょう。

テスコム詳細を見る

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第3位

アズスタイルワイドヘアアイロン

最低・最高温度150℃〜220℃(細かく設定)
プレートの幅60mm
重さ495g
参考価格14,904円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

アズスタイルのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第3位は「アズスタイルワイドヘアアイロン」。
アズスタイルはプレート幅が60mmもあるヘアアイロンで、一番幅広なワイドプレートが特徴です。

剛毛モサモサ髪でもOK

アズスタイルは髪が固い&量が多くて朝のヘアアイロンに30分以上かかっちゃう・・・という人におすすめのワイドヘアアイロンです。
プレート幅が60mmもあるので、一気に髪を挟んでまとめてシュッと真っ直ぐに伸ばすことができますよ。

ただしそれだけプレートが広いと重さに加えて挟むのにも少し力とコツがいるかも。
でも慣れれば朝のヘアアイロンの時間が大幅に削減できそうですね!

デメリット:髪が溝に引っかかる

特大幅広プレートのアズスタイルですが、使っている人の口コミを参考にすると、髪がプレートの溝に引っかかって抜けてしまうことが多いみたい。
構造上の問題でしょうか?^^;
丁寧にやれば大丈夫そうですが、注意が必要ですね。

アズスタイルの口コミ

良い!でも髪が引っかかる
40代女性 口コミ ★★★★☆

以前使っていたストレートアイロンが壊れたので購入してみました。
髪が長いので今回はワイドタイプって思ってたんですが、使いやすくて選んで良かったです。
私は180℃くらいで使っていますが、真っ直ぐサラサラになります。それ以上は逆に怖いので使っていません。

カールもやってみたかったけどワイドでは無理ですね(^o^;
ストレートだけに使うのならすごくいい商品だと思いました。

マイナスポイントは使っていると溝に髪が引っかかって抜けてしまうってこと。
毎回引っかかって2〜3本プチッと抜けるので痛い思いをします・・・
これが改善されれば★5つなんですけどね(^o^;

その他にも200件以上口コミがありました。
覗いてみてくださいね(^^)
↓↓↓↓↓

アズスタイル詳細を見る

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第2位

ワンダム ワイドイオンアイロン

最低・最高温度60℃〜200℃(細かく設定)
プレートの幅44mm
重さ240g(本体のみ)※コード有り目安380g
参考価格17,010円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

ワンダムのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第2位は「ワンダム ワイドイオンアイロン」。
ワンダムは裏面が耐熱仕様になっているやけどしにくいおすすめヘアアイロンです。

前髪に使っても安心

ワイドプレートのヘアアイロンは細かい作業が苦手で、例えば前髪に使う時はおでこに当たってやけどしそうになるんですよね(^^;
ワンダムは裏面が耐熱仕様になっているので、少し当たったくらいでは熱くありません。
プレートが幅広になると通常のヘアアイロンよりもやけどの心配も増えるので、もしやけどが怖いけど前髪もちゃんと整えたい!というあなたは「ワンダム ワイドイオンアイロン」を選びましょう。

ワンダムの口コミ

値段の割にいい
30代女性 口コミ ★★★★★

他のヘアアイロンと迷って、値段の割に性能が高いと聞きこちらにしました。
優秀だと思います。
仕上がりがしっとりしていて雨の日も長持ちします。
あと裏が熱くないから手を添えてもいいところが気に入っています。
ずっと持ってると熱いですが。

ワンダム詳細を見る

 

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめ第1位

アレティ ヘアアイロン

最低・最高温度80℃〜200℃(5℃単位で設定)
プレートの幅31mm
重さ190g(本体のみ)※コード有り目安270g
参考価格10,980円

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定温度上昇スピード持ち運び収納海外対応価格

アレティのおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロンおすすめランキング第1位は「アレティ ヘアアイロン」。
アレティは温まるスピードが早いヘアアイロンで、忙しい朝の時間をもっと大幅に短縮できるかも。

圧倒的!170℃まで30秒

アレティヘアアイロンは温まるまで圧倒的なスピードで、なんと170℃までたったの30秒で温まります。
本当にあっという間に温まるので、忙しい朝の時間でもサッと使えちゃいますよ。
もちろんプレートの幅も31mmと広めなので、ヘアアイロン自体の時間も短縮できて便利そうです(^^)

「ワイドプレート&温まるのが早い」で朝の貴重な時間を有効活用したい!というあなたは「アレティ ヘアアイロン」が一番おすすめですよ(^^)

アレティの口コミ

ワンカールもできました
20代女性 口コミ ★★★★★

以前はストレートとカール両方できる2wayのヘアアイロンを使っていました。
でも温まるのに数分かかるし使っていると段々髪が傷んでくるので、いっその事買い換えようと思いこちらの商品を選びました。
使って感じたのは、数十秒で170℃まで温度が上がってビックリです!どんどん表示が上がっていくのが見ていて楽しい(笑
20mmとも迷い31mmを選びました。髪が肩下くらいまであるんですが、結果こっちで大正解!
前髪ができるか不安でしたが問題なくセットできました。
ワンカールも自然に仕上がり便利です。
もっと早く出会いたかった(^_^;)

アレティ詳細を見る

ワイドプレート番外編

ココからは番外編で2つのヘアアイロンを紹介しますね。
どちらもワイドプレートのランキングには入れられませんでしたが、時短をしたい!という目的ならこの2つもおすすめですよ(^^)

ワイドプレートのヘアアイロン:番外編 その1

アレティストレートブラシアイロン

ブラシ感覚で自然なストレート。5分で使いたいならコレ!

アレティストレートブラシのおすすめポイント

まずご紹介する、ワイドプレートのヘアアイロン番外編は「アレティストレートブラシアイロン」です。
アレティストレートブラシは名前の通り「ブラシタイプのヘアアイロン」で、髪を梳かすようにして髪を真っすぐに出来ちゃうんです。

真っすぐになるの?

ストレートアイロンに比べるとピンっと真っすぐになる感じは減りますが、自然な感じのストレートに仕上がります。
ブラッシングとヘアアイロンのちょうど中間のイメージかな。

実は丁寧にブラシを通していけば、かなり真っすぐになりますが、それよりもこんな使い方がおすすめ!
↓↓↓↓↓

おすすめの使い方

寝起きのうねりがひどくて、ブラッシングだけじゃ全然真っすぐにならない!
でもこんなボサボサ髪じゃ出かけられないし・・・
バッチリストレートじゃなくていいけど、仕事や学校に行く前に整えるだけ整えたい!

そんな時にアレティストレートブラシが役に立ちます!
ブラッシング感覚で髪に当てていくだけでうねりが取れて、自然なストレートになるから、朝忙しい時は特に便利ですよ。

どのくらいの時短になる?

時間は人それぞれですが、5分くらいで髪を整えることも可能です。
細やかにブラッシングした時と同じくらいの時間だと考えたら分かりやすいかも!
電源を入れて温まるまでも早いので、あと10分で家を出ないと遅刻!というギリギリのシーンでもサッと使えそうですね(^^)

ストレートブラシの口コミ

時間がない時ほど使いたい
40代女性 口コミ ★★★★★

商品届いた時点でボサボサ髪だったので、その場でさっそく使ってみました!
ホームページで見たようにブラシでとくように使ってみるとサラサラになり、どんな構造なのか髪も艶が出てツルツルになっていました。
そして何より嬉しかったのは温まるまでの早さです。
1分もかからず温まったので驚いてしまいました。
手間がかかるものだと億劫に感じて使わなくなるので、これは便利!

時間のない時はヘアアイロンなんて使ってられない!という性格ですが、これは時間がない時ほど使いたいと感じました。
ブラシやドライヤーで寝癖直すより楽チンですから!

ストレートブラシ詳細を見る

ワイドプレートのヘアアイロン:番外編 その2

絹女 KINUJO

ワイドじゃないけど通常より幅広。髪に優しくておすすめ!

絹女のおすすめポイント

ワイドプレートのヘアアイロン番外編は「絹女」。
絹女のプレート幅は30mm以下なので、他のワイドプレートのヘアアイロンに比べると狭いですが、少し髪が多いくらいならこれでも十分かも。
ちなみに、番外編として紹介した理由は髪に優しく傷みにくいおすすめのヘアアイロンだからです。

摩擦が少なく傷みにくい

絹女にはテフロンを布状に加工したシルクプレートが採用されています。
テフロンはフライパンなどでも見かける金属で摩擦が少ないことで有名ですよね。
絹女のプレートはそのテフロンを加工しているので、髪への摩擦がとても少ないんです。
まさにシルクのような滑らかなプレートというワケですね(^^)

ヘアアイロンで髪に引っかかり時は、髪の表面をガリガリと削っている状態です。
これでは痛むのも当然ですよね(^^;

もしヘアアイロンを使うと髪に引っかかりを感じる人は、絹女を取り入れてみましょう。

髪のうるおいを守る

また絹女のプレートは水分保持率がとても高くなっています。
例えば200℃くらいの高温に温めて、霧吹きでシュッと水をかけても、すぐに蒸発しないんです。
何か不思議ですよね(^^;

この水分保持率のおかげで、ヘアアイロン中に髪の水分の蒸発を防ぎ、うるおいのある滑らかな髪を守ってくれますよ(^^)

いつまでも艶やかな髪を失いたくない!というあなたは「絹女」を選びましょう。

絹女の口コミ

お値段以上のアイロンでした
30代女性 口コミ ★★★★★

今まで使ってたアイロンは一体何だったの!?というくらい素晴らしいです!
あっという間に熱くなるし、忙しい朝もストレスなく使うことができます。
カールはできないって思ってたけど毛先のワンカールくらいなら出来るし、意外で嬉しかったです!
肝心のストレートも素晴らしく、仕上がりがツヤツヤ、サラサラに!家族に「え!?また美容室行ってきたの?」と疑われるほどの真っ直ぐストレートで私自身もビックリしています^^;
お値段は高いと感じましたが、使ってみたら分かる!これはお値段以上のアイロンです!!

絹女の詳細はこちら

その他ワイドのヘアアイロンについて

自分で探す時はココに注意

激安ヘアアイロンは注意

某ショッピングサイトでワイドヘアアイロンを検索すると色々な商品が出てきます。
信頼できるヘアアイロンも多いですが、中には2,000円~の激安ヘアアイロンまでありました。
ワイドヘアアイロンは1万円以上のものが多いのに、どうしてコレだけ差があるのでしょうか?

安く提供できるという事はそれなりに理由があります。
海外での大量生産や品質確認不足などもあるかもしれません。

選ぶときは口コミをチェック

私は激安のヘアアイロンを購入してスグに壊れてしまった経験もあるので、あまりおすすめしませんが、激安のヘアアイロンを購入するときは初期不良など問題がないか、口コミなどをよく読んでから選ぶようにしましょう。

最後に

今回は幅広のワイドプレートのヘアアイロンをご紹介しました。
ワイドが向いている人、ワイドプレートのデメリット、おすすめの幅広プレートのヘアアイロンなどを紹介しましたが、疑問は解決できましたか?
もしまだという人は、お問い合わせください。
私の分かる範囲で答えさせていただきますね(^^)

以上「【ワイドヘアアイロンの幅広プレートで時短】アドストテスコムも紹介」でした。
最後までありがとうございます。

記事が参考になった人は以下から「いいね」頂けると嬉しいです。
今後の励みになります(^^)
↓↓↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でもかをフォローしよう!