【45mmはクレイツ一択】仕上がりを他と比較したよ☆巻き方もあり

こんにちは。管理人の@もかです🐯

あなたの髪は長めのロング?
もしその長さでふんわり巻きたいなら、45mmのコテが合いそうですね(^^)

もか(私)
もか(私)
でも今のところ45mmは「クレイツ」のコテのみ。


クレイツカールプロ45mmを見る

これ以外に取り扱ってないから、店頭などでも置いてないんですよね^^;
だから欲しいと思っても、仕上がりなどのイメージが付きにくい…

そこで今回は45mmのコテは実際にどのくらいの太さなのか、仕上がりのイメージはどうなるのか?などをお伝えして行こうと思います。

45mmはどのぐらいの太さのコテ?

45mmのコテは、コテの中では一番太いサイズです。

指でCを作ったくらいの太さで、スーパーロングやロングヘアだと、ゆるやかなくせ毛風の外国人のようなウェーブに仕上がります。

あまり巻きすぎたくないショートやボブでも自然なカールが完成!

ただし、45mmはかなりコテが太いので、失敗しないように自分のなりたいヘアスタイルに合わせての検討が必要かも…(^_^;)

いまいちサイズ感が分からないという人は、次の仕上がりイメージを見てみて下さい!

45mmで巻いた仕上がりイメージ

こちらが、45mmのコテの仕上がりイメージです。
大きめのゆるやかなウェーブ感が素敵ですよね!

45mmで巻いたイメージ↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤 康文(@yasufumisatou)がシェアした投稿

ミディアム程度の髪の長さの人は、ワンカールでも可愛いですし、ロングやスーパーロングの人は、ゆるやかに巻けるので、エレガントさや上品な女性らしさも感じられます。

その他にも↓↓↓

しっかり巻いても、カールが大きめなのでナチュラルな巻き具合!

外国人や雑誌のモデルさんのようなオシャレな巻き髪ヘアが叶うのも魅力的です。

45mm、32mmの仕上がりを比較してみた

下の画像は45mmの2つ下のサイズ「32mmのコテ」を使用した巻き髪です。
結構しっかりめにカールのニュアンスが出ていますよね。

32mm↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

kayoko【おもてなし美容家】(@yes.kayoko)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazuyatachibana(@splendo_kazuyatachibana)がシェアした投稿

それに対して45mmのコテは、32mmなどと比較すると、ゆるやかなナチュラルさのあるウェーブです。

45mm↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

かづき(@kadukaduhair)がシェアした投稿

巻き方や熱を加える時間によっても仕上がりのヘアスタイルは異なりますが、しっかりめのカールをつくりたい方は、32mmや38mm、ゆるふわなカールをつくりたい方は、45mmが良さそうです!

クレイツカールプロ45mmを見る

38mmのコテおすすめを見る

この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓
6,991フォロワー

巻き方は?45mm以外と一緒?

基本は一緒。やけどだけ注意

45mmのコテもそれ以外のコテと巻き方は一緒ですが、他のコテと違って45mmは太いので、うなじや首筋のやけどに注意する必要があります。

45mmのコテの使い方を詳しく説明したかったのですが、残念ながら45mmのコテの使い方の動画はあまり見当たりませんでした。
ですから、45mmと一番近いサイズの38mmのコテを使用した「ゆる巻き」と「ウェーブ巻き」の動画をご紹介させて頂きますね。

ゆる巻きの巻き方(45mmも一緒)

ゆる巻きに仕上げたい場合は、まず毛先をワンカールしてからコテで髪の毛を巻くと、巻きやすくてオススメです!

ワンカールの巻き方↓↓↓

毛先をワンカールさせることで、毛先まで巻きこみ過ぎなくてもカールを印象づけることができます。

ゆる巻きの実際の巻き方↓↓↓

ゆる巻きの場合は、外巻き→内巻き→外巻きの手順で、少し滑らしてから巻いて、ねじって外すという動作を繰り返すことで、ふわふわのゆる巻きをつくることができますよ♪

ウェーブ巻きのやり方

ウェーブ巻きに仕上げたい場合は、毛束を取って毛先から上に向かって、外巻き→内巻き→外巻きのワンカールを繰り返して、ウェーブをつけていきます。

ウェーブをつくる時に、一度ワンカールをつけたら、コテを離してしっかり冷ましてから、さらに上に向かってウェーブをつくっていくことを意識して下さいね!

その際に、下の巻き終わった髪は手で支えるようにしながら上に向かってウェーブをつくるとキレイなウェーブ巻きになりますよ♪

クレイツカールプロ45mmを見る

ブラシアイロンもふわっと巻ける

45mmのコテは、太いのでやけども心配ですよね(^_^;)

しかも、45mmのコテは種類も少なく、お気に入りの使い心地の商品が見つからない可能性もあります。

ですが、そんな方も安心して下さい!

やけどの心配なく、初心者の方にも扱いやすいロールブラシアイロンもあります。

ロールブラシアイロンなら、ふわっと簡単に巻き髪を楽しめますよ♪

こんなことを伝えたい/45 mm 太いからやけども心配/しかも種類が少ない/こんなのもあるよという感じでロールブラシアイロンを紹介

クレイツロールブラシアイロン

クレイツロールブラシアイロンは、簡単・安全に扱えて、オシャレなヘアスタイルが楽しめる、ロールブラシアイロンです!

滑りがなめらかなセラミック加工のブラシなので、髪の毛が絡まることもなく使いやすい仕様になっています。

手を添えてもやけどの心配がないのも嬉しいポイント!

18mm、26mm、32mmのサイズがあるので、自分のなりたいヘアスタイルや髪の毛の長さに合わせて使用できます!

海外でも使用できる仕様で、旅行に便利な携帯サイズのブラシもあるのも便利ですよね♪

クレイツロール詳細を見る

クレイツカールプロ45mmを見る

コテの関連記事

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡

ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集

この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓
6,991フォロワー
この記事も読まれています