こんにちは。管理人の@もかです🐯

「ロールブラシアイロンを使っていたら髪が絡まって取れなくなった!」

これ美容室さんに実際にあった相談みたいですよ^^;
もか(私)
もか(私)

ロールブラシアイロンも絡まりやすいから、取れなくなってハラハラする時ありますよね。
この調子だと、いつ美容師さんに「絡まって取れない!」と電話することになってもおかしくありません…

そんな恥ずかしい思いをする前に、今回の話を参考にロールブラシアイロンで絡むのを防ぐ方法を学んでいきましょう 。

このサイトを通して、今まで1万人以上にヘアアイロンを提案し続けてきました。
今回はその経験を元にお伝えしますね。

私の場合はこんな時に絡まる


↑↑うちのクレイツロールブラシアイロン

ロールブラシアイロンを使うときに、髪が濡れていたり、髪がパサパサで傷んでいる時なんか、どうしても髪が絡まってしまうんですよね。

急いでいるときなんか、イライラして、パニック。
スタイリングどころでは、なくなってしまいます^^;

そんな悩みを解消できないか、いろいろと調べてみることにしました!

調べてみると絡まる原因が載っていました

ヘアアイロンやコテの有名メーカーである、クレイツのホームページを見てみると、このように書いてありました。

一度にたくさんの髪の毛を巻こうとすると、きれいなカールが付きにくいばかりが、髪の毛がブラシに絡まる原因にもなってしまいます。一度に巻けるの毛の量は、5センチ幅を目安に。

でも、私は少量の毛束で巻くことは、いつも心がけていることなんですよね^^;
なのに絡まるってことは、やっぱり他に原因がある気がするんです!

この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓
6,991フォロワー

私なりのロールブラシアイロンで絡まるのを防ぐ方法

クレイツのホームページにあるように毛束の量を守りつつ、絡まりを防ぐ方法をいろいろと試してみました(^^)

その中で、私なりに絡まるのを防ぐ方法を見つけたので、いくつか紹介しますね。

まずは、濡れた髪からセットする方法です。
時間のない人は、次へすすんでくださいね(^^)

1.濡れた状態からセットする場合

濡れた髪は、水気が出なくなるまで手や粗い目のコームを使って、しっかり水気を切ります。

ポイントは、タオルで頭皮をマッサージするように水気を拭き取り、毛先はタオルでこすり合わせないで、挟んで抑えるようにしましょうね(^^)

まだ絞れる水分がある状態でブローすると、時間がかかるし、キューティクルが剥がれやすく髪の痛みの原因にもなります。

2.ブローの仕方で絡まるのを防ぐ

いよいよブローですが、その前に摩擦やドライヤーの熱から髪を守るアウトバストリートメントを髪全体に付けましょう。

アウトバストリートメントをつけたら、ブラシの爪の間隔が広めになっている粗い目のコームやブラシで、毛流れに沿ってやさしく梳かします。
こうすることで、アウトバストリートメントが、まんべんなく髪に浸透するんですね。

ドライヤーは髪から10㎝程度離し、振りながら風を散らすように、全体をザッと乾かします。
それから、根元を乾かし、毛先に向かって乾かしましょう。

毛先は傷みやすく、乾きやすいので一番最後に(^^)
全体の8~9割が乾いたらストップです。

アウトバストリートメントって?どんなのを使えばいいの?

アウトバストリートメントって何?」と思った人に少し説明しますね(^^)

アウトバストリートメントとは、洗い流さなくて良いトリートメントの事。
洗い流すトリートメントは髪の内部を補修しますが、アウトバストリートメントは、髪の外側をコーティングして、摩擦やドライヤーの熱などのダメージから髪を守ってくれます。

使うタイミングは、お風呂上りの濡れた髪に使うんですよ(^^)

3つのタイプから選びましょう

アウトバストリートメントには、ミスト・ミルク(クリーム)・ローションと様々なタイプがあります。

ミストタイプは、スプレー式で、細かいミストがすばやく髪全体に広がり、軽いつけ心地です。

ミルク(クリーム)タイプは、手に取って髪につけるのですが、馴染みやすく、しっとりとしたつけ心地。

ローションタイプは、ミルクタイプと同じく手に取って髪に馴染ませますが、ミルクタイプよりも、さっぱりとしたつけ心地です。

自分の好みや理想のスタイリングに合わせて選びましょう(^^)

例えばこういうの

ちなみに、私はケラスターゼのアウトバストリートメントを使っています。
サロン専売品なので置いてあるお店は少ないですが^^;

ベタベタせず、軽くてさらっとしたつけ心地がお気に入り。
ロールブラシアイロンも絡まらず、ブラシ通りがスムーズです。

すばやく髪全体を補修できますし、香りもキツくなくていいですよ。

3.一度に取る髪の量を少なく

ここで、私が必ず守っている髪の量です!

一度に巻く髪の量は、ヘアアイロンやコテで有名なメーカー、クレイツのホームページにあったとおり、ブラシ部分に巻く幅は5センチが目安です。

これ以上巻くと髪に熱が伝わりにくく、カールが決まりませんよ。

4.根元までまかない

取扱説明書(上の写真)のポイントを見てください。
「毛束の中間辺りから髪を巻き込み」と書いてありますね(^^)

コテやカールアイロンのように、根元からクルクル巻く必要はなく、毛先へゆっくり、ブラシのカーブに添って滑らせればいいんです。

根元は軽く、ブラッシングする程度で(^^)

5.普段のお手入れ

アウトバストリートメントは、洗髪後の濡れた髪につけます。
ブローする前につけますよ!

トリートメントの効果を十分発揮させるには、まず、しっかりタオルドライです。
髪に余分な水分が残っているとトリートメントの栄養成分や保湿成分が髪に浸透しないので注意して。

手のひらに適正量を広げたら、毛先からトップにむかって馴染ませます。
手でこすり合わせながらつけると、キューティクルを傷めるので気を付けてくださいね(^^)

もし絡まって取れなくなった時は

絡まない方法をお話ししてきましたが、もしも絡まってブラシが取れなくなった時のために、最初にお伝えした「ロールブラシアイロンに髪が絡まって取れなくなった」と相談をうけた美容師さんのブログから、ブラシをとる方法を紹介しますね(^^)


LOREALヘアオイル

まず、絡まった髪に上の写真のようなオイルタイプのスタイリング剤をつけ、コームの先やお箸の先で、少しずつ内側へほぐします。
無理に引っ張ると髪が固結び状態になるので、慌てず少しずつ。
ちょっぴり時間はかかりますが、これでブラシがとれますよ。

もし、オイルタイプのものがない場合は、リンスやトリートメントをつけてもOKです(^^)

関連記事

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡
ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集