こんにちは。管理人の@もかです🐯

ロールブラシアイロン便利そうだけどコテとどっちがいいか迷いますよね。
もか(私)
もか(私)

・あなたはコテを使ったことがありますか?

・お出かけの時はどんなヘアスタイルですか?

これはロールブラシアイロンで迷っている人に、私が必ずする質問です。
今回はこんな感じでロールブラシアイロンが詳しくなくても、コテとどっちがいいか選べるように、分かりやすくお伝えしていきますね(^^)

このサイトを通して、今まで1万人以上にヘアアイロンを提案し続けてきました。
今回はその経験を元にお伝えしますね。

初めてならロールブラシアイロンよりコテの方がおすすめ

コテ
カールアイロン
初心者におすすめ
ロール
ブラシアイロン
慣れてる人におすすめ

髪を巻くのが初めて!という人には、ロールブラシアイロンよりもまずは、主流となっているコテがおすすめです。

ロールブラシアイロンも簡単に使えますが、髪を巻く際に基本になっているのはコテの動きなので、まずはコテからチャレンジしてみるのがベター。
メジャーなアイテムですから、ネットや書籍でたくさんのアレンジ方法が見つけやすいのもメリットのひとつですね(^^)

年齢別にどっちを使っているか調べてみた

20代〜30代
ロールブラシアイロン
使ってる人少ない
30代〜40代
ロールブラシアイロン
使ってる人が多い

年齢別にどっちを使っているのかリサーチしてみると、コテは20代から30代、ロールブラシアイロンは30代から40代の人が愛用しています。

髪を初めて巻くのは、大学生や新社会人になってからという人が多いですよね。
そんな時、最初に手にとるのはコテという人が多いようです!
そして、ロールブラシは一度コテを使ったことのある年代の人たちが購入する、という流れみたい。

やはり、グラフから見ても初心者にはコテが使いやすいようですね(^^)

もちろん、それぞれ仕上がり方が違うので、どんなスタイルになりたいのか分析するのも選ぶポイントです。

ロールブラシアイロンについてもっと知りたい!あるいは、「まだどっちが良いか決めかねるなあ^^;」という人のために、次はそれぞれの特徴をご紹介します!

参考にしてみてくださいね(^^)

コテのおすすめを見る

どっちのヘアスタイルがお好み?:2つは仕上がりに違いあり

コテとロールブラシアイロンの違いは、髪の仕上がり方です。
どっちも髪を巻いてスタイルを整えるアイテムですが、熱の入り方や形状で仕上がりが大きく変わってきます。

それぞれに特徴がありますので、自分のなりたいスタイルを踏まえつつチェックしてみてください(^^)

コテはくっきり

コテで作る髪のカールは、くっきりとしたウェーブを描く仕上がりになるのが特徴です。

髪にしっかりと熱を与えてくれるので、細かい部分や硬い髪質の人でもスタイルが決まります。
メリハリの効いた巻き髪を作りたい時におすすめです。

少しコツがいりますが、太めのコテを使えばふんわりとしたカールを作ることも可能ですよ(^^)

ロールブラシアイロンはふんわり

ロールブラシアイロンはブラッシングして毛流れを整えながら行うヘアセット。
緩やかな熱でカールを作るので、キープ力は弱めで、コテほどくっきりとしたカールにならないのが特徴です。

ゆるふわヘアにスタイリングしたい時におすすめですよ。

それぞれのメリット・デメリット

この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓
6,991フォロワー

ロールブラシアイロンのメリット(コテでできないこと)

手を添えてやりやすい

ロールブラシアイロンのメリットのひとつは、手に触れるブラシ部分が熱くなりすぎず、手を添えてスタイリングしやすいことです。

とはいえ、先端も熱をもっている部分なので強く掴んだりするのはNG!
あくまでも補助として添えるだけ・・・と覚えておいてくださいね。

根元からボリュームアップできる

ブラシがしっかりと毛束を挟んでくれるので、根元から自然なボリュームアップが叶うのもロールブラシアイロンのメリット。

特に、パイプ部径18mmの細めタイプであれば、ショートヘアやボブでも簡単にふんわりとした印象のアレンジに仕上がりますよ。

おでこ・うなじもやけどしにくい

コテと異なり、ロールブラシアイロンは金属部分がくしのナイロンピンで覆われているのが特徴のひとつです。

熱い部分がむき出しになっていないので、おでこやうなじなど素肌に近いスポットアレンジもやけどしにくくなっています。

ボブの内巻きカールや、前髪のアレンジなどにおすすめですね(^^)

ロールブラシアイロンのおすすめを見る

コテのメリット(ロールブラシアイロンのデメリット)

色々なヘアスタイルに挑戦できる

コテの一番のメリットは、挑戦できるヘアスタイルの幅が広いことです!

王道の内巻きのカールや、パーマ風巻き髪アレンジ、髪をランダムに巻くミックス巻きなど・・・。
このほかにも多彩なアレンジが可能です。

もちろん顔まわりにカールを入れるだけでも、こなれ感が出ますよ(^^)

しっかりとカールがつくので、長時間お直しができないパーティやデートの日に活躍するのも嬉しいポイントですね。

多彩なアレンジがしたいあなたは、ロールブラシアイロンよりもコテを選びましょう。

種類豊富で選び放題

コテはメジャーな美容アイテムなので、各メーカーからたくさんの種類が販売されていて選び放題。

自分のお気に入りが見つかりやすいのもコテの方でしょう。

またコテは19mmから38mmと、ロールブラシアイロンに比べて太さが豊富に揃っています。
細いカールをたくさんつけたい日には19mm、ふんわりヘアをしたい時には38mm・・・という風に、アレンジごとに使い分けができるんです(^^)

そういったことがやりたい人はロールブラシアイロンではなくコテを選びましょう。

それぞれのおすすめはコレ

おすすめロールブラシアイロン

クレイツロールブラシアイロン

クレイツロールブラシアイロンディオーラは、2種類のナイロンピンを採用しているのが特徴。
毛束を逃さず素早くセットできるので、ツヤのある髪へと仕上げてくれるのが人気のポイントです(^^)

5段階の温度調整や握りやすい持ち手など、操作性もバッチリの商品ですよ。

クレイツロール詳細を見る

おすすめのコテ

アレティカールアイロン

アレティカールアイロンは、かわいいパステルカラーが印象的なコテです。

60秒で200℃に達する急速加熱が備わっており、使い続けても温度が落ちにくい仕様になっています。
最後の毛束までしっかりとカールしてくれるパワフルさも魅力のひとつ。

マイナスイオンを放出する機能も備わっているので、髪へのダメージも少ない優れものです(^^)

アレティカール詳細を見る

ロールブラシアイロン関連記事

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡
ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集