ヘアアイロンのプレートの剥がれのメインイメージ

こんにちは。管理人の@もかです🐯

そのプレートが剥がれたヘアアイロン、明日も使いますか?

すぐに買い換えるのはなんだかもったいないし、特に問題がなければもう少し使い続けたいですよね。

お気持ちすごく分かります。
もか(私)
もか(私)

でも残念ながらプレートが剥がれたヘアアイロンは危険!
髪の傷みの原因になってしまいます。

今回はプレートが剥がれているとなぜ痛むのか?剥がれにくいプレートはあるのか、順に説明しますね(^^)

ちなみに今回の記事はストレートアイロンを前提にお伝えしますが、コテ(カールアイロン)でも一緒ですよ。

プレートが剥がれたヘアアイロンはすぐ買い換えるべき

最初にもお伝えしたように、プレートが剥がれたヘアアイロンは髪の傷みの原因になるのですぐに新しいものに換えましょう。

ヘアアイロンで髪が傷む原因は「熱」と「摩擦」の2種類ありますが、プレートがすり減っていると「摩擦」で髪を傷めることになるからです。

新品ヘアアイロンのプレートはツルツル

新品のプレートと剥がれたプレートの比較

イメージしやすいようにイラストをつけてみました。
左は新品のヘアアイロンのプレートの断面図。
右はプレートがすり減った断面図です。

新品のプレート

買ったばかりのヘアアイロンのプレートにはツルツルの加工がされていて、髪の上をスライドしてもスムーズ。

剥がれたプレート

でも長年使い続けていると、表面のツルツル加工がすり減り、髪すべりがだんだん悪く…
その状態で無理やりスライドさせると、髪がプチっと抜けてしまったり、髪表面をガリガリ削ってしまうことにもなります。
上のイラストみたいにガサガサだと髪の表面を傷つけてしまいそうですよね^^;

最近ヘアアイロンで髪がプチっと抜けてしまうこと、増えていませんか?
それ、抜けているだけでなく知らない間に髪をガリガリ削っているかも(+o+)

次はプレート剥がれさせないために

ここからは次の新しいヘアアイロンで、プレートを剥がさせないために注意するべきことをお伝えします。

どんなプレートが剥がれにくいの?

新しいヘアアイロンを買うときは、プレートが剥がれにくいものがいいですよね(^^)

チタンやセラミックプレートって聞いたことありませんか?
私が聞いた話だと「チタンやセラミックは金属などの中でも硬いので表面加工が剥がれにくい」みたい。

プレートの金属の硬さを調べてみた

それを証拠に、プレートに使われる金属などの硬さを調べてみたところ、こんな表を見つけました。

剥がれにくいプレートはどれ?金属の硬さを表にしたもの

この表を見る限り、チタンはそこそこ硬く、セラミックはとても硬いみたいです。

剥がれにくさよりも大事なこと

プレートはヘアアイロン選びでとても重要です。
でも重要視するのは剥がれにくさよりも「傷みにくさ」。

少し話が脱線してしまうので、プレートの選び方はこちらの記事にまとめました。
今度買い換えるヘアアイロンで「傷みにくいプレート」を選びたいときは、この記事を参考にしてくださいね(^^)

ヘアアイロンのプレートはコレがおすすめ

この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓
6,991フォロワー

プレートを剥がさないためには使い方が大事

プレートが剥がれるのを防ぎたい!というあなたは、剥がれにくいプレートを選ぶよりも、使い方を変えることで防ぎましょう。

次はヘアアイロンのプレートを剥がさないための使い方を紹介するので、買い替えたあとの参考にしてくださいね。

プレートが剥がれにくいのに加え、傷みにくい使い方にも直結するので必見!

ヘアアイロン前にブラシでとく

まずはプレートをすり減らさないために、できるだけスライドの回数を抑えましょう。
寝起きのバサバサ髪のままでは、なかなか一度のスライドでは真っ直ぐになりませんよね^^;

そこで事前にブラシで髪をといておきましょう。
そうすることによってスライド回数を抑えて、プレートの剥がれ予防・髪の痛み防止に繋がります。

セット用スタイリング剤はヘアアイロンの後

髪型をキープするために、スタイリング剤を使うこともありますよね。特にカールのとき。
ヘアアイロンを使うときに使ってもOKですが、必ずヘアアイロン後に使うようにしましょう。

前に使ってしまうと、プレートにベタベタついて摩擦が大きくなり、プレートを剥がれやすくさせてしまいます。
髪にも負担がかかりますからね^^;

スタイリング剤を使いたいときは、ヘアアイロンでスタイルを決めた後に軽くなじませるように使いましょう。

専用のものはヘアアイロン前に

ヘアアイロン用のスタイリング剤というのもありますよね。
そういう専用のものは、髪を熱から守ってくれる成分(シリコンなど)が含まれているので、ヘアアイロン前に使いましょう。

熱と摩擦から守ってくれます。

ぎゅっと挟みすぎない

ヘアアイロンでギュッと髪をはさみすぎると、その分摩擦が大きくなりプレート剥がれの原因になります。
髪にも良くないですし^^;

ヘアアイロンは髪をギュッと引っ張って伸ばしているわけではなく、熱の力で真っ直ぐしています。
ですから軽い力でも熱さえ髪に伝わればストレートになるんです。

プレート剥がれ・髪の痛み防止のためにも、ヘアアイロンを使うときはギュッと挟みすぎずに、軽くスライドさせて使うようにしましょう。

こんなヘアアイロンは避ける

使い方ではありませんが、プレートに隙間があるヘアアイロンはプレートがすり減って剥がれやすいかも。
ヘアアイロンの中には、写真のような感じでプレートとプレートの間に隙間ができるものがあります。

隙間が大きいヘアアイロンは髪に当たる箇所が安定せず、プレートの一箇所に力が加わりやすい。
その結果プレートをすり減り剥がれやすくしてしまうかも。

選ぶときはできるだけプレートに隙間がないヘアアイロンを選びましょう。

隙間が少ないヘアアイロン

ちなみに私が使っている絹女というヘアアイロンは、プレートとプレートの隙間が少ないヘアアイロンです。

プレートもなめらかで滑りやすく、剥がれることも今のところありませんよ。

傷みにくさにこだわったヘアアイロンなので、髪の傷みも気にしている人は、私が使った感想にも目を通してみてくださいね(^^)

絹女の口コミ・感想を見る

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡
ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集