ヘアアイロンのプレート幅の選び方

とりあえず中サイズで。

最初はそんな風に適当に選んでいましたが、ヘアアイロンを何度も使っているうちに自分にベストなサイズが分かってきました。

ちなみに私に合うのは「広いサイズ」のプレートです。

今回はヘアアイロンの幅の選び方を紹介しつつ、同時に私がこのサイズに至った理由などもお伝えしますね。

知り合いの美容師さんにも確認した内容なので間違いなし。

今回はストレートアイロン:カールは別記事

ヘアアイロンにはストレートとカールがありますが、今回は「ストレートアイロンの幅」についてです。

もしカールアイロンのバレルのサイズ(直径)の選び方などを知りたいのなら、こちらの記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

カールアイロンのサイズ(直径)の選び方

よくある疑問

タップで該当箇所にジャンプ↓↓↓
Q.メンズはどのくらいを選ぶべき?

幅というのは「ココ」のこと

まずは認識を合わせるために定義しておくと、「幅」とはココの部分を指します。
↓↓↓

ヘアアイロンのメーカーによっては、大・中・小(広い・中くらい・狭い)の3種類の大きさあることが多いので、次からはそれぞれの違いと、あなたはどのサイズを選ぶべきなのか解説していきますね。

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用

ヘアアイロンはどの幅を選ぶべき?違いは?

幅を選ぶ時は、何となく選ぶなら「中サイズ」のヘアアイロンで問題ありませんが、ちゃんと自分に合ったのを選びたいなら、以下のように「髪の長さ」から選びましょう。

髪の長さで幅を選びましょう

・広い(30cm~)
⇒ミディアム・ロング・スーパーロングの人向け

・細め(10~15cm)
⇒メンズのハネ・ベリーショートの人向け

・中サイズ(20~25cm)
⇒上に当てはまらない人・無難に選びたい人

これは知り合いの美容師さんも言っていたことで、ヘアアイロンメーカーのサイトにも記載があったので、間違いなし。

引用:サロニア
それぞれ、もう少し詳しく説明しますね。
もか(私)
もか(私)

広い(30cm~)プレートはミディアム・ロング~

広いプレートは30cm~のサイズで、ミディアム・ロング・スーパーロングの人におすすめです。

このサイズは種類が少ないので、ミディアムくらいなら中サイズを選ぶ人も多いですが、広いのを選べば時短にもなるので、ミディアム以上ならできればこのサイズがおすすめ。

私も使っているプレート幅なので、後ほどメリットを詳しく説明しますね。

細め(10~15cm)のプレートはメンズのハネ・ベリーショート

細めのプレートは10~15cmのサイズで、メンズのハネやベリーショートの女性におすすめです。

特にメンズで使っている人が多い印象。
メンズは中サイズのヘアアイロンでもセットできますが、ミディアムくらいの長さまで細めの方がやりやすいみたい(知り合いの美容師さん談)。

メンズで「ヘアアイロンが初めて・慣れてない」と思うのなら、細めを選びましょう。

それ以外は中サイズ(20~25cm)のプレート

上に該当しない方は20~25cmの「中サイズプレート」を選びましょう。

もしくは幅広や細めは種類が少ないため、欲しいヘアアイロンに気になる太さが存在しない場合は、中くらいを選んでおけば大丈夫。

もしまだ欲しいヘアアイロンが決まっていないのなら、自分の髪の長さに合わせて、どの幅にするか慎重に検討してくださいね。

ミディアム以上ならプレート幅が広いのがおすすめ

広いとダメージを減らせる

お伝えしたように、女性でミディアム以上なら、プレートが広いヘアアイロンがおすすめ。

他の太さに比べて髪のダメージも減らせるからです。

ダメージが減らせるのは時短のおかげ

一見、ヘアアイロンのプレート幅とダメージは関係なさそうに思えますよね。

でもダメージは、ヘアアイロンを使った時間に比例します。
髪に当てている時間は、短ければ短いほどダメージは少なくなります。

幅が広いと一気にスタイリングできるので、他と比べて時短でき、結果的にダメージを減らすことができますよ。

でも「やりにくくないの?」

ただし、いくら時短でダメージを減らせても、使いづらいのはイヤですよね^^;

でも、そこは大丈夫。

私もミディアム~ロングくらいの髪の長さにすることが多いですが、広いのヘアアイロンを使っていても「使いにくい」と感じたことはありませんよ。

前髪とかも難しそうに感じるかもしれませんが、全く問題なく使えています。

私はこのヘアアイロンを使っています

ちなみに私が使っているのはコレ。

絹女ヘアアイロン

幅広のヘアアイロンは時短になるので、髪のダメージを減らせるとお伝えしましたが、絹女はそれに加えて、他にもダメージを減らす工夫がいくつもされたヘアアイロンです。

髪の水分を守りパサパサをなくす

ヘアアイロン絹女のプレート

例えば、髪の水分を守るのも絹女のダメージを減らす工夫の一つ。

普通のヘアアイロンは熱でジュジュっと髪の水分を飛ばしてしまいますが、絹女は水分保持力が高く、ジュジュっとなることがありません。

使い続けると髪パサパサ…という心配なく使えるので、安心しておしゃれが楽しめています(^^)

美容師さんも使ってる

その他にも摩擦が少ない、プレートに隙間がないなど、色々髪のダメージを減らす工夫がされているのが絹女。

その実力のせいか、知り合いの美容師さんも絹女をプライベートで使っているみたい。

実際にサロンワークでも取り入れている美容師さんもいて、とても実力あるヘアアイロンですよ。

私が使ってみた感想などはこちらの記事で伝えているので、気になった方は参考にしてみてくださいね。

絹女を使った感想・口コミを見る

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用

よくある疑問

メンズはどのくらいの幅のヘアアイロンを選ぶべき?

記事の途中でもお伝えしましたが、ヘアアイロンには「広い・中くらい・細め」の3種類の幅のプレートがあります。

この中でメンズは細めのプレートがおすすめ。

細めというのは10~15cmくらい。

メンズならミディアムくらいの長さまでなら細めのヘアアイロンが使いやすいみたいですよ(美容師さん談)。

ただし細めのヘアアイロンは用意があるメーカーが少ないので、もし気になっているヘアアイロンに細めがない場合は中サイズでも大丈夫。

ちなみにメンズ向けヘアアイロンはこちらの記事でも紹介しているので、気になった方は参考にしてみましょう。

メンズのおすすめヘアアイロンを見る

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用