ヘアアイロンの外側(プレートの裏面)は熱くなる?

もしかして不良品!?

そう思ってしまうくらい、ヘアアイロンの外側は熱くなりますよね^^;

故障を疑ってしまいますが、きっとそれは正常。

でも反対の手で添えてヘアアイロンできないから困る!と嘆いているなら、今回の記事を参考に改善してみましょう。

裏耐熱のヘアアイロンを探しているなら

今回はプレートの裏面が熱いのは正常なのか?対策はあるのか?という内容の記事です。

まだヘアアイロン検討中で裏耐熱の機種を探しているなら、ここから該当箇所にジャンプしましょう。

裏耐熱のヘアアイロンを見る

外側(プレートの裏面)が熱いのは正常

あなたの使っているヘアアイロンの外側(プレートの裏面)が熱くなるのは、おそらく正常です。

メーカーのサイトを見ても「熱くなる」とは明記されていない機種も多いですが、「私が使った4台のヘアアイロンも裏面が熱くなる」ことと、「他にも熱くなると口コミしている人がいる」ことから、あなたのヘアアイロンも故障ではないと思います。

私の4台のヘアアイロンも熱くなります

私はヘアアイロンを今まで4台使っていますが、どの機種もプレートの裏側が熱くなりました。

現在使っているヘアアイロンで実験してみると、大体電源を入れてプレートが温まって(180℃)から、大体2分くらいで裏面が温まっている感覚があり、4分〜5分経つと手を添えられないくらい熱くなります。

もしあなたのヘアアイロンもこのくらいの時間で熱くなるのなら、それは正常な状態ですよ。
もか(私)
もか(私)
カール対応のヘアアイロンは熱くなりやすい

カールもできるストレートアイロンの場合は、プレートの裏側が熱くなりやすいみたいです。
その証拠に、あるヘアアイロンの説明書にはこんな注意書きがありました。

引用:アレティ

このヘアアイロンはカール対応なので、外側も熱くなるみたい。
もしあなたの持っているヘアアイロンもカール対応なら、私のヘアアイロンよりも熱く感じるかもしれません。

「カール非対応」で「やけどするくらい熱い」なら遠慮せずメーカーへ

逆にカール非対応のヘアアイロンで、スグに熱くなったり、少し触るだけでやけどするくらい熱いのなら、故障や初期不良等の可能性もあります。

遠慮せずに、購入したメーカーに問い合わせしてみましょう。

他の人も「プレート裏面が熱くなる」

ちなみのあるヘアアイロンの口コミを見てみると、他の人も熱いと感じているみたい。

口コミ

●外側は少し熱いですが、火傷する程じゃなくて前髪に十分に使えます。

●プレート外側が熱いのではだに触れないように気を付けないといけないので気を使います。

引用:楽天市場

少し当たっただけでもやけどするほど熱いなら問題ですが、そうでないのなら、次のことを意識してそのまま使いましょう。


【基本は】プレートの外側に手を添えないように使う

ヘアアイロンの基本的な使い方は「プレートの外側に手を添えずに使う」です。

使い方には手を添えると書いてある事もあるけど

でも使い方の写真や動画を見ると、こんな感じで手を添えていることもありますよね。

実はこれは正しい使い方ではありません。

※写真は裏耐熱(後ほど紹介)のヘアアイロンなので、手を添えて使っています。

反対の手は「髪」を持つ

実際には反対の手はヘアアイロンの外側を持つのではなく、上の写真のように自身の髪の先端をもち、そのままヘアアイロンを滑らせます。

この方が熱い思いをせずに済みますし、しっかりストレートになりやすいですよ。

ちなみに前髪はこんなイメージです。

引用:クレイツ

ヘアアイロンの外側に手を添える理由は?

ヘアアイロンの基本は「プレート裏面に手を添えない」ですが、そもそもあなたが今、ヘアアイロンの外側に手を添えている理由は何ですか?

その理由によって手を添えるのがNGだったり、OKで代案があったりします。

髪をしっかり伸ばしたいから【←NG】

外側に手を添えたい理由が「髪をしっかり伸ばしたいから」の場合は、熱い以前に、髪にダメージを与えている可能性があるのでやめましょう。

反対の手で、プレートをギュッと閉じるように髪を挟むと、髪の表面をプレートでガリガリと削ってしまうことに。

熱いし、ダメージありだし良いことなしです^^;
もか(私)
もか(私)

もし「髪をしっかり伸ばしたい」のが理由なら、先ほど紹介した「反対の手で髪を持つ方法」に切り替えましょう。

でもギュッと挟まないと伸びない・・・

というのなら、ヘアアイロンの設定温度を高くしてみましょう。

ヘアアイロンはギュッと挟んで伸ばすイメージがありますが、実際には熱で髪を変性させて伸ばしています。
そのため力はそんなに必要ありません。

真っ直ぐにならないのは、熱が足りていない証拠なので、温度を高くすれば、ギュッと挟まなくても自然とクセが伸びやすくなると思います。

慣れていないから手を添えたいなら【←OKなので次へ】

できるだけ手をヘアアイロンの外側に添えない方法を身につけたが方が良いと思いますが、慣れていない場合は無理しなくても大丈夫。

両手を使ったほうがやりやすいがやりやすいのなら、次の「プレート裏面の熱さ対策」を見て、実践してみましょう。

ただし今後のために、外側に手を添えない方法も少しずつ身につけてくださいね。
もか(私)
もか(私)

ヘアアイロンのプレート裏面の熱さ対策

手袋を用意する

裏面が熱い時は手袋をつけて、熱対策しましょう。

専用の耐熱の手袋などもありますが、プレートの裏面を触るくらいなら、普通の手袋でも大丈夫。


楽天市場で見る(熱に強い綿手袋)

100均などにも置いてあると思います。

ヘアアイロンを当てた直後の髪も、触ると熱いので、慣れたあとも手袋は便利ですよ。

両手が必要な箇所は手早く終わらせる

例えばヘアアイロンの外側に両手を添えるのが、全体の一部(前髪だけなど)の場合は、プレートの裏面が熱くなる前に、その箇所だけ先にセットを終わらせるのも一つの手です。


【番外】外側(プレートの裏面)が熱くなりにくいヘアアイロン

最後に番外編として、まだヘアアイロンを検討中の人、次に買い換えるなら裏面が熱くないほうが良いと思っている方に向けて、「裏耐熱」のヘアアイロンを紹介しますね。

裏耐熱ヘアアイロンその1


ワンダムヘアアイロン

ワンダムは、口コミ800件以上の業務用の裏耐熱ヘアアイロンです。
美容室などでも時々見かけるヘアアイロンで、きっと実力は間違いなし。

プレートが薄いので、髪が短い箇所や男性でも使いやすい機種です。
ただしプレートのカタチ上、カールは非対応。

ワンダムヘアアイロン詳細を見る

裏耐熱その2


ウルトラセラミックアイロン

ウルトラセラミックアイロンは温度を60℃〜230℃まで幅広く設定できる、高性能な裏耐熱ヘアアイロンです。

こんな感じで使用目的や髪質に合わせて、温度調整できるが便利。

プレートの耐久性も高く、高性能を長く使い続けられるヘアアイロンです。

ウルトラセラミック詳細を見る