低温のヘアアイロン|低温だと傷まない?

ヘアアイロンなのに60℃!?

知り合いの美容師さんと、ヘアアイロンの話をしていた時に知ったのですが、美容師さんが使っているヘアアイロンには60℃の低温が用意されているみたい。

「そんな低温、何に使うの!?」と思ったので、これを機に美容師さんに色々と訊いてみました。

一般的に低温は何℃くらいなのか?
高温と低温だとどっちが傷まないのか?
など、たくさん教えていただいたので、今回はその内容を共有していきますね。

低温おすすめヘアアイロン(美容師さんが使ってた機種)

まず、知り合いの美容師さんがサロンワークで使っていた低温ヘアアイロンがコレ。

ノビーヘアアイロン(プロ用)

テスコムという美容家電で有名なメーカーの、業務用ヘアアイロンです。

ノビーヘアアイロン(プロ用)

※同じノビーでも一般用とプロ用で違うので注意。

プロ用だから60℃~の低温に対応

この機種は業務用なので、60℃~の低温に対応しているみたい。
一般用と比べてとても低い温度~高温まで、幅広い温度に対応していました。

60℃はトリートメント用に使う

ちなみに60℃という低温は家庭用ではあまり見かけない温度。
「何に使うのかな?」と疑問に思ったので、これも美容師さんに訊いてみました。

すると60℃低温は「トリートメントモード」といって、トリートメントを髪に浸透しやすくするために使うみたい。

髪をセットするために使うワケではないのですね^^;

「60℃程度では全然髪が真っ直ぐにならない」とのこと。

一般ヘアアイロンでも100℃くらいの低温はある

美容師さんが使っていたのは業務用のヘアアイロンで、60℃という超低温が用意されていましたが、一般用のヘアアイロンでも100℃くらいの低温なら用意されている機種があります。

例えばこんな機種。

テスコムヘアアイロン

テスコムヘアアイロン詳細を見る

美容師さんが使っていた業務用と同じメーカーの一般用ヘアアイロンです。
電気屋さんなどでも取り扱っている機種なので、気になった方は見てみてくださいね。

ちなみに、
あなたが「低温」を使いたい理由は何ですか?

傷まなさそうだから…と思った人は注意!次にも目を通してみて。
もか(私)
もか(私)


【ホントに必要?】低温ヘアアイロンは傷まないワケじゃない

紹介したテスコムのように、一般家庭用のヘアアイロンでも100℃程度の低温の機種はあります。

低温のヘアアイロンというと、髪が傷みにくそうなイメージがあるかもしれませんね。

でも実際には、
低温のヘアアイロンでも髪は傷みます。

ダメージは「熱×時間」

ヘアアイロンは熱の力で髪をセットするので、低温なら傷みにくそうですが、ヘアアイロンのダメージは「熱×時間」です。

100℃くらいの低温だとスグに髪がセットできないので、その分時間を長くする必要があり、結局ダメージを与えてしまうんです。

何度もスライドで摩擦

しかも低温だと一回で真っ直ぐにならないので、何度もスライドしちゃいそう…

するとヘアアイロンの摩擦で髪の表面を何度もガリガリ削ってしまうことに。

下手すると高温よりもダメージが大きくなってしまうかも。

キープ力も弱め

しかも時間をかけて何度もスライドさせて、何とか真っ直ぐにできても、お昼くらいには元のうねり髪に戻ってしまうと思います。

その証拠に、私もいつもより低い温度で髪をセットすると、スグに崩れる経験を何度もしているから。

低温のデメリットまとめ

・ヘアアイロン時間が長くなる
・スライドが増えて摩擦増
・キープ力弱めですぐ崩れる


じゃあ低温より高温?どっちがいい?

低温ヘアアイロンを紹介したり、低温を否定したり、結局どっちがいいか迷いますよね^^;

でもヘアアイロンの最適な温度は人によって変わります。
「低温がいい、高温がいい」と極端に分けずに、自分にあった温度を見つけることが大事。

短時間でキープできる温度が良い

自分にあった温度というのは「できるだけ短時間で」「夕方くらいまでキープできる」温度です。

この温度は髪質やヘアアイロンを使う技術などでも変わります。

私の場合は160℃~180℃くらい。
いつもは160℃、雨の日は少し高めに設定して使っていますよ。

慣れないなら低温から探していく

温度は自分で何度も使ってみて探っていくしかないので、最初は低温から試して、夕方までキープできる温度を探っていきましょう。

極端な低温は必要なし|140℃~があれば十分

自分にあった温度を探っていくことが大事ですが、まだヘアアイロンを持っていなくて検討している段階なら、140℃~のヘアアイロンで十分。

いくら髪が細くても、最低でも140℃はないとキープできないと思います。

140℃から少しずつ温度を上げつつ、できるだけ低温でキープできる「自分にあった温度」を探りましょう。

低温より「傷まない工夫」のヘアアイロンが大事

ここまで低温のヘアアイロンについて触れましたが、髪のダメージを極力減らしたいなら、低温よりも「傷まない工夫」の方が重要。

お伝えしたように、100℃くらいの低温は「その分時間がかかる」「摩擦が増える」「キープ力が弱くなる」とデメリットが多い…

それなら140℃以上の自分にあった温度で、できるだけ傷みにくいヘアアイロンを見つけるべき。

例えばこんな工夫

ちなみに傷みにくい工夫というのは、

例えば↓↓↓
「摩擦の少ないプレートで摩擦ダメージを減らす」
「水分保持力が高く髪の水分を一気に蒸発させない」
などです。

もし
傷みにくいのが良いから低温ヘアアイロンを探していた。

という方は、これらの傷みにくい工夫がされたヘアアイロンを選びましょう。
低温は使い方によっては逆に髪を傷める原因となってしまいますからね^^;

おすすめヘアアイロン(絹女)

最後に1つ、傷みにくい工夫がされたヘアアイロンを紹介します。
もしまだヘアアイロンを持っていないのなら、参考にしてくださいね。

絹女ヘアアイロン

知り合いの美容師さんは仕事では低温のヘアアイロンを使っていましたが、プライベートではこのヘアアイロンを使っているみたいです。

低温ではありませんが、温度は140℃~220℃まで設定できて、自分にあった温度を探せるヘアアイロンですよ。

髪が傷まない工夫も色々されています。

隙間がないから摩擦レス

絹女と他のヘアアイロンのプレートを比較

上の写真は絹女と他のヘアアイロンを比べたもの。
他のヘアアイロンはプレートとプレートの間に隙間が空いているのに対し、絹女は隙間がなくピッタリ。

この隙間レスのおかげで、ギュッと髪を挟まなくてもセットできるため、摩擦を減らすことができます。

シルクプレートで摩擦レス

また、絹女はシルクプレートというテフロンを加工したオリジナルのプレートを採用しています。
テフロンと聞くとツルツルで摩擦が少ないイメージがありませんか?

そのイメージ通り、絹女は髪通りがよく、スルスルッとスライドできる感覚。

摩擦によるダメージを最小限に減らすことができます。

水分保持力が高い

更に絹女のプレートは水分保持力が高く、高温に熱したプレートに霧吹きで水をかけてもスグに蒸発しないほど。

ヘアアイロンは髪の水分を一気に奪うことでダメージを与えてしまうので、この水分保持力が髪の傷みを防いでくれます。

絹女は私も使っているヘアアイロンです。
もか(私)
もか(私)

自分で調べて選んだヘアアイロンですが、美容師さんと偶然被ったというエピソードもあるヘアアイロンです。

私が使った感想などがあるので、気になった方は参考にしてみてくださいね。

絹女の詳細を見る