ヘアアイロンを使ってから寝ると
翌日のクセが抑えられてる!

SNSを眺めていると、そんな投稿が目につきました。

朝の時間はバタバタしちゃうし、ホントに夜だけ使えばいいのなら便利そうですよね。

・・・でも美味しい話にはデメリットがつきもの。

今回寝る前にヘアアイロンをすることで、傷んだりしないのか?
本当に夜に使ってもいい?などの疑問に、私の実体験と美容師さんに聞いた内容・調べた結果をもとに伝えますね。

寝る前に使っても大丈夫?

大丈夫だけど「やってはいけないこと」あり

知り合いの美容師さん曰く、やっぱりヘアアイロンは出かける時が一番おすすめの使い方とのこと。

ただしどちらに使っても、髪の傷みやすさは変わらないので、用途に合わせて使い分ければ大丈夫です。

ただし、寝る前にヘアアイロンするなら「絶対にやってはいけないこと」と「デメリット」があるので、両方を理解した上で使うようにしましょう。

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用
広告

夜に使うなら「絶対やってはいけないこと」

両方使う

両方のタイミングで使うと傷んじゃう

ヘアアイロンはどんなに性能のいいものでも、どんな対策をしても、少なからず髪が傷むものです。
傷みは使用時間や回数に比例するので、朝も寝る前もヘアアイロンすると、その分傷みやすくなってしまいます。

傷んだら元には戻りません

傷んだら元には戻らず、バッサリと切ってしまうしか方法がありません。
髪を大切にしたいなら、両方のタイミングでヘアアイロンするのは避けましょう。

寝グセやうねりが付くなら夜はやめましょう

もし寝グセがついたり、ヘアアイロンしても翌日にはうねりが戻るようなら、寝る前のヘアアイロンはメリットが少ないのでやめた方がいいかも。

完全に乾いていない状態ではNG

もしお風呂上りにヘアアイロンするあなたは、注意が必要です。
濡れた状態だとダメージがひどくなるので、完全に乾かしておきましょう。

濡れた髪はバリアが無防備な状態

髪が濡れている時は、バリア(キューティクル)が無防備な状態。
そんな時にヘアアイロンすると、バリアで守れずにダイレクトにダメージを与えてしまうので、濡れた髪では絶対にやめましょう。

ドライヤー後も髪が湿ってるかも

ドライヤーした後も油断は禁物。
まだ「少し湿っているかな?」と思うなら、ヘアアイロンをするのは待ち、完全に乾いてからセットするようにしましょう。

髪を保護せずに使う

ヘアアイロンのダメージを減らしたいなら、ヘアミルクなどで痛みから守りましょう。

特に夜使う人はこのアイテムは必須!
私が美容師さんに勧められて使っているヘアミルク↓↓↓

ミルクタイプなのでまとまりがよく、これを塗った後にドライヤーを当てるだけでも、しっとりまとまった印象に仕上がります。

ヘアアイロン無しでも、朝起きた時の寝癖も殆どないからめちゃくちゃ便利です(*^^*)

もちろんヘアアイロンの熱からも守ってくれるので、まとまりつつダメージも防げて一石二鳥。

ヘアアイロン使う日も使わない日も必須アイテム!

このヘアミルクの詳細を見る

どうしても「夜・朝」両方使いたいなら

朝・夜両方使うのはNG・・・
でも夜にヘアアイロンして寝ると寝癖やハネが抑えられて、翌日のヘアアイロンがラクになりますよね。

時間がない時には、夜使うのはたしかに便利。

本当はおすすめできませんが、どうしても使いたいならこの2つを守りましょう。

夜は念入り|朝はササッと短時間

夜に念入りにヘアアイロンするなら、朝はササッと寝癖を直す程度に使いましょう。

朝も夜も時間をかけて丁寧にヘアアイロンすると、傷みが激しくなってしまいます。

洗い流さないトリートメントを使う

夜ヘアアイロンを使う前に、アウトバストリートメントで髪をダメージから保護して使いましょう。

洗い流さないトリートメントって?

通常のトリートメントはお風呂で使った後に洗い流しますが、洗い流さないトリートメントはお風呂から上がって、タオルオフ後につけるトリートメントです。

熱・摩擦などのダメージから髪を守ってくれて、髪のまとまりもよくなります。

「お風呂⇒タオルオフ⇒洗い流さないトリートメント⇒ドライヤー⇒ヘアアイロン」の順番に使ってくださいね。

【美容師さんもおすすめ】洗い流さないトリートメントを見る

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用
広告

理想は「夜に洗い流さないトリートメント⇒朝にヘアアイロン」

お伝えしたように「絶対やってはいけないこと」を踏まえると、やっぱりヘアアイロンのタイミングは夜よりも朝。

でも、
朝からイチからヘアアイロンでセットは大変すぎる

というあなたは、こんな使い方はいかがでしょうか?
私もやっている方法ですよ(^^)

1.寝る前にアウトバストリートメントを使う

まず夜寝る前(お風呂上がり)にアウトバストリートメントを使います。

アウトバストリートメントって?

通常のトリートメントはお風呂で使った後に洗い流しますが、アウトバストリートメントというのはお風呂から上がって、タオルオフ後につけるトリートメントです。

熱・摩擦などのダメージから髪を守ってくれて、髪のまとまりもよくなります。

「お風呂⇒タオルオフ⇒アウトバストリートメント⇒ドライヤー」の順番に使って、翌日を向かえましょう。

2.朝にヘアアイロンを使う

アウトバストリートメントを使った後に寝れば、翌日の髪がいつもよりもまとまっていると思います。

だからヘアアイロンしやすく、時短になる。

しかも、ヘアアイロンの熱のダメージから髪を守ってくれるので、髪の傷みも気にならなくなりますよ。

【美容師さんもおすすめ】洗い流さないトリートメントを見る

おすすめ記事

【~2万円】美容師さんおすすめ | ヘアアイロン。No1は私も愛用
広告