ヘアアイロンを使ってから寝ると
翌日のクセが抑えられてる!

SNSを眺めていると、そんな投稿が目につきました。

朝の時間はバタバタしちゃうし、ホントに夜だけ使えばいいのなら便利そうですよね。

・・・でも美味しい話にはデメリットがつきもの。

今回寝る前にヘアアイロンをすることで、傷んだりしないのか?
本当に夜に使ってもいい?などの疑問に、私の実体験と美容師さんに聞いた内容・調べた結果をもとに伝えますね。

寝る前に使っても大丈夫?

大丈夫だけど「やってはいけないこと」あり

知り合いの美容師さん曰く、やっぱりヘアアイロンは出かける時が一番おすすめの使い方とのこと。

ただしどちらに使っても、髪の傷みやすさは変わらないので、用途に合わせて使い分ければ大丈夫です。

ただし、寝る前にヘアアイロンするなら「絶対にやってはいけないこと」と「デメリット」があるので、両方を理解した上で使うようにしましょう。


夜に使うなら「絶対やってはいけないこと」

両方使う

夜にヘアアイロンを使ったけど、寝グセがついたから「軽く整えよう」。

やってしまいそうですよね^^;でも、これはNG。
もか(私)
もか(私)

両方のタイミングで使うと傷んじゃう

ヘアアイロンはどんなに性能のいいものでも、どんな対策をしても、少なからず髪が傷むものです。
傷みは使用時間や回数に比例するので、朝も寝る前もヘアアイロンすると、その分傷みやすくなってしまいます。

傷んだら元には戻りません

傷んだら元には戻らず、バッサリと切ってしまうしか方法がありません。
髪を大切にしたいなら、両方のタイミングでヘアアイロンするのは避けましょう。

寝グセやうねりが付くなら夜はやめましょう

もし寝グセがついたり、ヘアアイロンしても翌日にはうねりが戻るようなら、寝る前のヘアアイロンはメリットが少ないのでやめた方がいいかも。

完全に乾いていない状態ではNG

もしお風呂上りにヘアアイロンするあなたは、注意が必要です。
濡れた状態だとダメージがひどくなるので、完全に乾かしておきましょう。

濡れた髪はバリアが無防備な状態

髪が濡れている時は、バリア(キューティクル)が無防備な状態。
そんな時にヘアアイロンすると、バリアで守れずにダイレクトにダメージを与えてしまうので、濡れた髪では絶対にやめましょう。

ドライヤー後も髪が湿ってるかも

ドライヤーした後も油断は禁物。
まだ「少し湿っているかな?」と思うなら、ヘアアイロンをするのは待ち、完全に乾いてからセットするようにしましょう。

寝る前セットのデメリット

「絶対やってはいけないこと」さえ守れば、夜に使うのは問題ありません。

でも「寝る前に使うデメリット」もあるので、それを理解した上で、ホントにそのタイミングが自身に合っているのか、検討してみましょう。

寝グセやうねりがつくかも

デメリット1つ目は、せっかく整えても、寝ている間に寝グセやうねりがつく可能性があるということです。

もし「寝グセがつくことが多い」「前日にヘアアイロン使ったけど起きたらうねりが戻っている」場合は、朝に使った方が良さそうです。

キープ力が弱い

ヘアアイロンは熱で髪を一時的にストレートにしているため、時間がたつとクセやうねりが戻ってきますよね。

朝使っても、夕方くらいになると崩れてくることも多いので、夜だと尚更キープしづらくなると思います。

「寝る前使うと寝ぐせがつきにくくなる」くらいの用途なら問題ありませんが、夜に使って翌日の夕方までストレートをキープするのは難しいので注意しましょう。


ベストは朝:使い分けが大事

ここまでお伝えした「絶対やってはいけないこと」と「デメリット」を踏まえると、やっぱりヘアアイロンのタイミングは夜よりも朝。

寝る前に使うメリットは時短

ただし、
どうしても時間がとれない!朝が弱すぎて無理!

というあなたは、紹介したデメリットなどを理解した上で、夜だけ使うのはあり。

上手くいけば朝の時短になりますからね(^^)

朝のメリットは完ぺきなスタイリング

逆に余裕があるなら、寝る前はやめて朝ヘアアイロンを使いましょう。
夜にヘアアイロンしても、翌日に寝グセやうねりになる可能性があるし、キープ力も弱め。

朝ヘアアイロンすればそのデメリットもないので、完ぺきなスタイリングを目指すなら、出かける時にヘアアイロンをしましょう。

自身に合わせて使い分けましょう

こんな感じで、自身の性格などに合わせて、ヘアアイロンを使うタイミングを決めましょう。

私は朝に使う派ですが、あなたはどっち?
もか(私)
もか(私)

今回の記事を参考に、自身に合う方を選んでくださいね(^^)