私の愛用のヘアアイロンは2万円台

でもヘアアイロンは値段がピンきりで、3,000円くらいの機種もありますよね。

安く手に入るならもちろんその方がいいけど、値段によってどんな違いがあるのか気になりませんか?

私は2万円台のものも3,000円くらいのヘアアイロンも使ったことがあるので、今回はその経験を元に、値段の違いやあなたにおすすめの価格帯をお伝えしますね。

ヘアアイロンの値段はバラバラ|平均はどのくらい?

平均は1万円

値段の違いをお伝えする前に、まずは基準となるヘアアイロンの平均価格を知っておきましょう。

調べてみると、大体の平均は1万円前後。

無難に購入するなら、このくらいの価格帯で選べば問題なさそう。

試しに有名メーカーの値段を調べてみると(パナソニック・テスコム・ モッズヘア)

その証拠に、よく電気屋さんなどで見かける大手美容家電メーカーの値段を見てみると↓↓↓

電気屋さんで目にするヘアアイロンの値段

・パナソニック→14,000円台
・テスコム→8,000円台
・コイズミ→9,000円台
・モッズヘア→7,000円台

※ネットショップでの価格。店舗ではもう少しお高め。

やっぱり平均は1万円前後の価格帯みたい。

でも、ネットなどで調べていると、それより安い機種も高い機種もありますよね。

その違い、気になりませんか?

無難に選ぶのもいいけど「自分にあった値段のヘアアイロンを選びたい!」と思うのなら、この先にも目を通してみましょう。


値段による違い|傷みにくさに違いはあるのか

細かい値段の違いは単にメーカーによる違いが多いので、大きく傾向が分かれる3つの価格帯で違いを考えてみました。

私の経験やメーカーのサイトで調べた結果を元に紹介しますね。

3,000円~8,000円は普通|ネットに多い機種

実店舗での取り扱いが少ないから安い

平均は1万円前後でしたが、それよりも安い3,000円~8,000円くらいの価格帯のヘアアイロンは、ネットで販売されていることが多い機種です。

実店舗での販売数を減らしていたり、そもそも実店舗で取り扱っていない機種のため、値段が平均よりも安くなっている印象。

初期不良や違和感が心配

1万円前後のヘアアイロンと性能に大きな違いがない機種も多いですが、大手メーカーでないため慎重に選ばないと初期不良などの故障が多い機種も。

口コミでは良かったけど、実際に使ってみたら「なんか違う」という経験が増えるのも、この価格帯です。

もしこの価格帯から選ぶなら、失敗覚悟で慎重に選びましょう。

この値段のおすすめを見る

8,000円~12,000円の違い:大手メーカーも多くて安心

8,000円~12,000円は家電量販店などで見かけるような、信頼できる大手メーカーが販売している機種が多い傾向にあります。

機能などだけ見ればネット販売の低価格のヘアアイロンと変わらないように見えても、初期不良が少ない・壊れにくいなどがあるので、長く使いたいならこの価格帯の機種を選びましょう。

万が一買ってすぐに故障しても、大手メーカーなので保障はもちろんありますし、対応もスムーズ。

安心して長く使うことができますよ。

この値段のおすすめを見る

12,000円~の違い:傷みにくさに工夫あり

それよりも高いヘアアイロンは、傷みにくい工夫がされているものが多い印象です。

例えば↓↓↓

プレートに熱が均等に行き渡ったり
プレートを閉じた時の隙間が少なかったり
摩擦の少ないプレートが使われていたり

メーカーによって違いますが、少なくとも12,000円~、できれば2万円台~のヘアアイロンを選ぶと、髪へのダメージを少なくすることができるはず。

後に紹介しますが、私はこの価格帯のヘアアイロンを使っています。
髪の痛みも気にしなくていいので、とても気に入っていますよ(^^)

この値段のおすすめを見る

私の使っている傷みにくい機種を見る

~3,000円は慎重に判断して!初期不良あり

今回は3,000円~の価格帯でお伝えしましたが、中にはそれよりも安い機種もありますよね。

「試しに使ってみたい」と思うかもしれませんが、個人的にはおすすめしません。

やっぱり安いのには理由があります。
「初期不良が多い」「温度が思ったより上がらない」「温度が上がるスピードが遅い」「すぐに壊れる」「すぐ生産中止になる」など、問題は色々。

お財布的に厳しくても、失敗したらまた買い換えることになり、余計に損してしまうかも。
少なくとも3,000円~のヘアアイロンを選びましょう。

【つまり】値段からはこう選びましょう

少し長くなったのでそれぞれの違いをまとめておくと

3,000円~8,000円

ネットでの販売の機種が多い
初期不良や何か満足できないと思うこともある
それを理解した上で購入する

8,000円~12,000円

大手メーカーが多い
電気屋さんなどでも気軽に買える
検品がきちんとされ初期不良が少ない
不良があっても対応がスムーズ

12,000円~

髪への傷みにくさを考えた機種が多い
痛みを気にせずに何年も使いたいならこの価格帯

上にまとめた値段の違いを元に、あなたにあった価格帯のヘアアイロンを選んでくださいね(^^)

それぞれの値段のおすすめヘアアイロン

3つの価格帯に分けて、ヘアアイロンの値段の違いをお伝えしましたが、それぞれの私が試してみて良かった機種も載せておきますね。

~8,000円(アレティ)

アレティ

この価格帯でおすすめなのは「アレティヘアアイロン」。

ネットで人気の機種で、私も以前使っていた機種です。

温まるまでのスピードが早いのが印象的で、170℃まで約20秒くらいで温まっていました。

朝の忙しい時間帯に、少しだけササッと髪を整えたい時にもおすすめ。

現在使っているヘアアイロンと比べると改善点はありますが、この価格帯ではNo1だと感じました(^^)

アレティの詳細を見る

~12,000円(テスコム)

テスコム

この価格帯でおすすめなのは「テスコムヘアアイロン」です。

テスコムは電気屋さんなどでも見かける美容家電の大手メーカー。
大抵どこの電気屋さんでも取り扱っているので、お店でも気軽に触ることができますよ。

スチーム付きのヘアアイロンで、先端の小さなタンクに水を入れて使います。
スチームを使うとスタイルが長持ちしやすくなるので、雨の日などでも大活躍。
お昼過ぎから夕方にかけてスタイルが崩れやすい人には特におすすめの機種です。

テスコムの詳細を見る

12,000円~(パナソニック)

パナソニック

この価格帯でおすすめなのは「パナソニックヘアアイロン」です。

知っての通り大手家電メーカーで、信頼のおけるブランド。

他との違いは、髪が傷みにくい工夫がいくつかされていて、その中でも「ナノイーで髪のぱさつきを防ぐ」のが特徴的です。

ヘアアイロンを使っていると髪がぱさつく!という経験をしたことがあるのなら、一度パナソニックを試してみてください。
髪がうるおったままで感動すると思いますよ(^^)

パナソニックの詳細を見る


私は2万円台の傷みにくいヘアアイロンを使っています

3つの価格帯それぞれの違いやおすすめヘアアイロンを紹介しましたが、私がいま気に入って使っているのは、また別のヘアアイロンです。

価格は2万円台と少しお高めでしたが、髪が傷みにくく「ずっと使い続けたい」と思えるヘアアイロンですよ。

ちなみに「絹女」というヘアアイロンです↓↓↓

絹女ヘアアイロン

髪が傷まない工夫がすごい

絹女は知り合いの美容師さんもプライベートで使用しているほど実力のあるヘアアイロンで、髪が傷まない工夫がすごい!

絹女に使われているのは「シルクプレート」というもので、
例えば髪の水分を蒸発させにくく、髪のパサツキを防いだり、摩擦が少なくスルスルッと髪を真っ直ぐにしたり。

色々な傷まない工夫が盛り込まれています。

すごく良かったので、説明しだすと長くなりそう^^;
もか(私)
もか(私)

なので使用感をこちらの記事にまとめました。
気になった方は参考にしてみてくださいね。
↓↓↓
絹女の詳細を見る

その他メーカーの値段もざっくり調べてみました

※1000円単位のざっくり価格です。
※私が公式サイトやショッピングサイトで調べた時の値段です。

クレイツホリスティックキュアーズ 約13,000円
アレティヘアアイロン 約6,000円
サロニアヘアアイロン 約3,000円
ウルトラセラミックヘアアイロン 約14,000円
ワンダムヘアアイロン 約9,000円
パナソニックヘアアイロン 約13,000円
ヘアビューロン 約38,000円
アドストヘアアイロン 約36,000円
テスコムヘアアイロン 約8,000円
アイビルFDストレートアイロン 約15,000円
テスコムione 約4,000円
ノビーヘアアイロン 約10,000円
ヴィダルサスーンスチームヘアアイロン 約15,000円
ヴィダルサスーンピンクシリーズ 約6,000円

私が使っているヘアアイロンは、この表の中には無い、約2万円のヘアアイロン。
他との違いは、傷みにくい工夫がされていて、それ以上の価格帯のヘアアイロンに負けていない、美容師さんも使っているヘアアイロンです。

使用感はこちらの記事を参考にしてくださいね。

美容師さん愛用:絹女の詳細を見る