…で、どれがいいの?

高温のヘアアイロンがいいと聞いたけど、ヘアアイロンは種類も多いし、どれを選んでいいか検討もつかないですよね^^;

そこで今回は、美容師さんお墨付きのヘアアイロンを集めてみました。
「これを選べば間違いなし」というものばかり。

ただし高温は髪へのダメージが心配なので、
その話も織り交ぜながらお伝えしていきますね。

今はほとんどが高温のヘアアイロン

「高温のヘアアイロンがいい」と、どこかで耳にしたかもしれませんが、今お店などで取り扱っているヘアアイロンは、ほとんどがそれに該当するヘアアイロンばかりです。

高温って何度くらい?

温度は人によって定義が変わりますが、知り合いの美容師さん曰く「180℃以上」をそう呼ぶみたい。
今回も180~200℃と定義してお話を進めますね。

ほとんどが対応しているなら、どれを選んでも同じ?
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ヘアアイロンはそれよりも、大事なことがあるから。


高温より大事なこと【その1】自分にあった温度

一般的には140~160℃|ダメージが心配だから

高温がいいと耳にしたかもしれませんが、実は一般的にヘアアイロンは140~160℃で使った方がいいとされています。
それよりも高いと、髪にダメージを与えてしまう恐れがあるから。

関連記事:ヘアアイロンの適温

170℃以上はなぜある?

でも140~160℃で使った方がいいのなら「170℃以上は何のために存在するの?」と思いますよね。

太い髪でもセットできる

170℃以上が存在する理由は、太い髪でもしっかりセットできるようにするためです。

髪質は人によって大きく変わりますよね。
猫っ毛で細い髪質の人もいれば、太くてしっかりした髪質の人もいるはず。
太い髪質だと、160℃ではセットが難しい場合もあります。

低温で何度もスライドは逆にダメージ

もし太い髪質の人が140~160℃で使うと、真っ直ぐにするために何度も髪の上をスライドすることに…

すると、髪の表面を何度もガリガリと削るので、逆にダメージが増してしまうんです。

つまり「自分にあった温度を選べること」が大事

つまり、ヘアアイロンの温度は人によって変わります。
「高温がいい」というワケではなく「自分にあった温度」が大事。

自分にあった温度って?

「自分にあった」というのは曖昧なので定義しますね。
定義は2つあります。

1.少ない回数で真っ直ぐになる

「自分にあった」を定義するなら、髪を1束3~5cmとってヘアアイロンをスライドさせたときに、1~2回で真っ直ぐになる温度です。

2.夕方くらいまでキープできる

少ない回数で真っ直ぐになっても、スグに崩れては意味がありませんよね。
できれば夕方くらいまで髪型をキープできるのが自分にあった温度です。
温度が低いと、その時は良くてもスグに崩れちゃうので。

10℃単位で調節できるものが理想

この「自分にあった温度」を探すために、
低温から高温(140℃~200℃)まで、細かく(10℃単位など)調節できるヘアアイロンを選びましょう。

大事なこと【その2】傷みにくさ

ヘアアイロンは長年使っていくと、段々ダメージが蓄積し髪が傷んでしまいます。

ですから、
今日はヘアアイロン使いたいけど、髪が傷みそうなのでガマン…
となりがち。

使いたいときに使えないのは、買った意味がありませんよね^^;
もか(私)
もか(私)

そんなストレスを抱えたくないのなら、髪に優しい・できるだけ傷まないヘアアイロンを選びましょう。


ココからはおすすめを紹介

傷みにくい高温対応のヘアアイロン

ヘアアイロンで高温よりも大事なことは「幅広い温度に細かく調節できる」「傷みにくい」の2点でしたよね。

でもその2点に沿ったヘアアイロンを自分で探すのは大変ですよね^^;

そこで次は、2点に沿いつつ、美容師さんもおすすめのヘアアイロンをピックアップしました。

根本で高温→毛先で低温(ノビー)

ノビーヘアアイロン

温度設定 60℃〜210℃(5℃単位で設定)

最初に紹介するのはノビーヘアアイロン。
ノビーは60℃の超低温から5℃単位で細かく調節でき、さらにこんな傷みにくい工夫もされています。

ノビーの傷みにくい工夫

ノビーには通常のパワーモードとは別に、「ケアモード」という機能が用意されています。

ケアモードを使えば、髪の根元は高温・傷みやすい毛先は低温に自動で調整してくれるので、髪をいたわりながらストレートにできます。

少し使いこなすのが難しいので、ヘアアイロン初心者というより、少しなれている人向けかも。

ノビーの詳細を見る

熱以外も使ってセット(ヘアビューロン)

ヘアビューロン

温度設定 40℃〜180℃(40・80・100・120・140・160・180の7段階設定)

次に紹介するのはヘアビューロンというヘアアイロンです。
ヘアビューロンは他のヘアアイロンに比べて温度を細かく調節できることはありませんが、これでも充分。

その代わり髪が傷みにくい工夫が面白く、業界でも話題になりました。

ヘアビューロンの傷みにくい工夫

ヘアビューロンには独自の技術「バイオプログラミング」が使われています。
通常ヘアアイロンは熱の力で髪を真っ直ぐにしますが、ヘアビューロンは熱+バイオプログラミングでセットするので、通常よりも低い温度でセットできると言われています。

その効果は「電源を入れなくても真っ直ぐになる」という口コミを見かけるほど。

お値段はお高めですが、試してみたい人は詳細を見てみてくださいね。

ヘアビューロンの詳細を見る

美容師さんがプライベートで使ってる(絹女)

絹女ヘアアイロン

温度設定 130℃〜220℃(10℃単位で設定)

思わず鏡に目が行くツヤ髪に憧れるなら

最後に紹介するのは絹女ヘアアイロンです。
絹女は130℃の低温から220℃の高温まで、10℃単位で細かく温度調節できる他、色々な傷まない工夫が盛りだくさん。

美容師さんも使ってる

だから知り合いの美容師さんもプライベートで使っているほど。
その他にも実際に美容室で使っている方もいるみたいですよ。

鏡に思わず目が行ってしまうようなツヤ髪に憧れるなら、絹女を選びましょう。

絹女の詳細を見る