持ち運び用といえば、
コードレスヘアアイロンのイメージがあるけど…

実は、ミニヘアアイロンには
2つの種類があります。

私も外泊時に荷物がかさばるという理由で、コンパクトなヘアアイロンを探し回って、調べ尽くしたことがありますが、その時に「2つの種類がある」ことを知り、驚きました。

今回はまずその2種類のことを説明し、その後におすすめのミニヘアアイロンを紹介します。

使ってみて分かった、デメリットなどもお伝えするので、検討している方は今回の内容を参考にし、慎重に選んでくださいね。

持ち運び用は2種類|あなたはどっち?

持ち運びに便利なミニヘアアイロンには「コードレス」と「コードあり」の2種類があります。

私はコードレスしか知らなかったので、最初はそのことに驚きました^^;
もか(私)
もか(私)

どちらを選ぶかは使うシーンによって変わるので、次の説明を聞いてみて、あなたに合う方を選びましょう。

コードレスはこんな人におすすめ

コードレスは、
職場やお出かけ先などで、崩れた前髪を整えたい人におすすめ。

コードレスはコンパクトすぎる上に、コードありに比べてパワーも弱めなので、イチからヘアセットするのは困難です。

時間をかければセットすることも可能ですが、実際に使った感じだと現実的ではないと思いました^^;
風や汗などで崩れた前髪を整える程度 に使うのが良いでしょう。

今回はコードありの記事

今回の記事は「コードあり」がメインです。
コードレスはこちらの記事にまとめているので、参考にしてくださいね。

コードレスを見る

コードありはこんな人

コードありのミニヘアアイロン は、
お泊りや近場の外泊などで荷物を抑えたい時、イチから髪をセットしたい人におすすめ。

旅行などでスーツケースを持つ場合は通常サイズのものを入れていても気にならないかもしれませんが、近場の外泊でスーツケースは大げさですよね^^;

そんな時に役立つのがコードありのミニヘアアイロン。

コードレスと違って、頑張ればイチから髪をセットできるので、外泊などで荷物を抑えたい時に便利ですよ。

※この記事では「コードあり」をメインに話を進めていきますね。

おすすめなのはこの3つ

もし「コードありの方が自分に合いそう」と思ったのなら、次の3つから選んでくださいね。

A

5段階に温度調節できる

全長 22.5cm
重さ 280g

B

最小で普段のバッグに入る

全長 15.0cm
重さ 82g

C

通常とコンパクトの中間サイズで使いやすい

全長 26.7cm
重さ 270g

この3つのへアイロンの詳しい説明は後ほど。
次はミニヘアアイロンのデメリットをお伝えするので、本当に小さいサイズで良いのかも、よく考えてみましょう。

おすすめはココにまとめています↓↓↓ 美容師さん愛用|痛まないおすすめヘアアイロンTOP3を見る

ミニヘアアイロンはデメリットもあり|普通サイズとの違いを知ろう

私はミニヘアアイロンを持っていましたが、最終的に結局普通サイズを持ち運んでいます^^;

それは「あるデメリット」が気になったから。

失敗しないためにも、デメリットも理解して選びましょう。

温度調節できない場合が多い

メーカーにもよりますが、温度調節が付いていない、もしくは2段階しか調整できないなどの制限がある場合をよく見かけます。

通常ヘアアイロンは、自分の髪質などに合わせて温度を決めますよね。
でもミニヘアアイロンには温度調節できない場合が多いので、高すぎる温度で髪を傷めてしまったり、逆に低すぎる温度でセットできなかったり…

このあと紹介する「おすすめのヘアアイロン」は温度調節できる機種も含まれていますが、もし自分でお店などで探す場合は調節できないヘアアイロンも多いので注意しましょう。

最高温度は少し低いけど問題なし

ちなみにミニヘアアイロンは、温度調節には制限がありますが、最高温度には大きな制限はありません。

通常のものと比べると少し温度が低い印象ですが、それでも時間をかければちゃんとセットできる温度ですよ。

プレートが小さいのでセットに時間がかかる

ミニヘアアイロンは通常に比べてプレートが小さめ。
その分、一度に挟める髪の量が少なくなります。

無理やり沢山挟んでも真っ直ぐにならないので、通常の1.5倍くらい時間がかかると思っておいた方がいいかも。

例えば通常のサイズで20分かかるなら、小さいタイプは30分。
外泊先で、そのくらいかかる想定をしておきましょう。

そんなに時間がかかるのはムリ…
という人は通常サイズを持ち運びましょう。

全体的に小さいので手が疲れやすい

ミニヘアアイロンはプレートも小さいですが、持ち手部分も少し小さめ。
そのため余計に力が入ってしまい、通常のサイズよりも手が疲れやすくなります。

時間がかかる上に疲れやすいので、外泊先だけの使用でもそのうち億劫に感じてしまうかも^^;

サイズは比較してこのくらい小さい

ちなみに2つのサイズを比較すると↓↓↓

サイズを比較(一例)

・通常の場合
 サイズ:25~30cm
 重さ:300~400g

・ミニの場合
 サイズ:20~25cm
 重さ:200~300g

ヘアアイロンにもよりますが、長さは5cmくらい、重さは100gくらいの差があります。

この差は大きいですが、私はデメリットと比較して、結局今では通常サイズを持ち歩いています。

【つまり】こんな人はミニヘアアイロン

・2台目のサブ機として使う
・荷物の限られる外泊時に持ち運ぶ
・伝えたデメリットを許容できる

当てはまりますか?
しっかり検討してくださいね(^^)

おすすめはココにまとめています↓↓↓ 美容師さん愛用|痛まないおすすめヘアアイロンTOP3

おすすめヘアアイロンランキング

持ち運びに便利なおすすめはコレ

デメリットなどを伝えましたが、それでもやっぱり小さい方が良さそう!というあなたは、ココから紹介するヘアアイロンがおすすめ。

5段階に温度調節できておすすめ(クレイツクラインポータブル)

クレイツクラインポータブル

最初に紹介するのは、クレイツのクラインカールポータブル。

ミニヘアアイロンは温度調節できる機種が少なく、できても2段階程度ですが、このヘアアイロンは5段階まで調節できる本格仕様。

外出先でも、自分の髪質に合わせた温度調節をしたいなら、クレイツクラインポータブルがおすすめ。

クレイツは美容室のコテ(カールアイロン)などでも使われている老舗メーカーで、信頼感もありますからね(^^)

クレイツクラインの詳細を見る

最小で普段のバッグに入る(絹女mini)

絹女mini

次に紹介するのは絹女mini。

紹介する中で一番小さく、コードレス並みのコンパクトさです。

その分、セットの時間が長くなる、手が疲れやすいというデメリットは大きくなりますが、普段使いのバッグにも入るというのは嬉しいポイント。

パワーはコードレスよりも高く、コンパクトさはコードレス並み。
2つを併用したヘアアイロンを求めているなら、この機種を選びましょう。

絹女miniの詳細を見る

通常との中間サイズで使いやすい(モッズヘアコンパクト)

モッズヘアコンパクト

最後に紹介するのは、モッズヘアのコンパクトヘアアイロンです。

このヘアアイロンはコンパクトですが、その中でも少しだけ大きめ。
ちょうど普通のヘアアイロンと、一般的なミニサイズの中間くらいの大きさです。

バッグへの収納や持ち運びは少し不便になりますが、その分プレートが大きいので使いやすい。
しかも手が疲れにくいので、外泊先でもしっかり使えるはず。

サイズよりも使いやすさを追求するなら、モッズヘアのコンパクトヘアアイロンを選びましょう。

モッズヘアコンパクトの詳細を見る

普通サイズが良いなら美容師さんも使ってるコレ

ここまでミニヘアアイロンを紹介しましたが、私は紆余曲折した結果、今は普通サイズを使っています。
小さいと持ち運びに便利ですが、使い勝手が悪いなどデメリットが大きすぎたので^^;

・・・

もし私と同じように、
普通サイズの方が良さそう…と思った上で、
「ヘアアイロンが初めて」もしくは「買い替えを検討している」のなら、このヘアアイロンはいかがでしょうか?

絹女ヘアアイロン

私も使っているヘアアイロンで、美容師さんもプライベートで使うほどの実力。

私は以前のヘアアイロンで髪がボロボロ状態でしたが、このヘアアイロンを使いだしてからは傷みが気にならなくなりました。

もしヘアアイロンで傷むのはイヤ!と思っていて、普通サイズのヘアアイロンの方が良いと思ったのなら、絹女を選びましょう。

私が使った感想はこちら
↓↓↓

絹女の詳細を見る

ミニヘアアイロンのよくある疑問

どこに売ってる?

ネットショップではもちろん、家電量販店などの実店舗でも取り扱っていました。

コイズミ、テスコム、ヴィダルサスーンなどのヘアアイロンで有名なメーカーなら、少し大きめの家電量販店かバラエティーショップに足を運べば置いてあると思います。

カールのミニサイズもある?

今回紹介したのはストレートアイロンでしたが、もちろんカールアイロンのミニサイズもあります。

ストレートに比べると種類が少ないですけどね^^;

例えばこんなヘアアイロン↓↓↓
サロニアミニカールアイロン

サロニアはミニカールアイロンも取り扱っています。
価格もリーズナブルで、10代20代前半を中心に人気のヘアアイロンです。

サロニアの詳細を見る

メンズ用のはある?

残念ながらメンズ用のミニヘアアイロンは用意されていませんが、女性用を男性が使っても大丈夫。
プレートが通常に比べて小さいので、メンズでも使いやすいと思います。

メンズの方も、先に紹介した「おすすめ」から選んでくださいね。

おすすめミニヘアアイロンを見る

持ち運び用のケースを探している

ヘアアイロンの持ち運び用のケースはこちらの記事で紹介しています。
通常のヘアアイロンが入るサイズなので大きめですが、ケースの探し方などもお伝えしているので役に立つはず。

参考にしてくださいね。

耐熱ポーチのおすすめを見る