旅行用のヘアアイロンはミニより普通サイズがおすすめ

旅行用にミニタイプやコードレスのヘアアイロンが一台あると、バッグの中に余裕ができて便利そうですよね(^^)

でも…経験上、
旅行用にミニはやめた方が良いかも。

私はミニヘアアイロンを購入してから、一回しか旅行に持っていっていません^^;

コンパクトだとメリットも大きいですが「旅行用」なら、普通サイズの方が便利だと感じたから。

今回はその辺りのことを詳しく説明しつつ、
「それでも旅行用にミニやコードレスが欲しい!」と思った方のために、私が調べた時のおすすめ機種も紹介しますね。

旅行用には「ミニやコードレス」より「普通サイズ」のヘアアイロン

旅行に持っていくヘアアイロンといえばミニサイズやコードレスヘアアイロンのイメージがありますが、最初にもお伝えしたように、私は旅行でも通常サイズのヘアアイロンを持っていっています。

それは、ミニサイズのこんなデメリットが気になったから。

2つにはこんなデメリット

・プレートが小さく時間がかかる
・温度調節できない機種が多い
・本体が小さいので手が疲れやすい
・熱が冷めるのが早く真っ直ぐになりにくい

詳しくはこちらの記事で解説中
↓↓↓
ミニヘアアイロンのデメリット

特に時間がかかるのは致命的で、大体普通のヘアアイロンの1.5倍くらいかかります。

私は旅行先でそれだけ時間をかけるのが億劫に感じました^^;

でも持ち運び大変そうだし…

いくら時間がかかっても、旅行先への持ち運びがラクになるならミニの方も気になりますよね。

でも私の場合は旅行に行くときはキャリーケースを持っていくので、中に入れてしまえばミニも普通サイズもあまり変わらないと感じました。

最初の一回だけ旅行に持っていきましたが、
「これなら普通サイズを持っていけば良かった」
と思ったのを覚えています^^;

欲しいならこんな感じで「使い分け」

私は旅行には普通サイズの方が良いと思いますが、近場の外泊ならミニサイズでもいいと思っています。
近場の外泊だとキャリーケースを持っていかない事が多いので、バッグの中身をできるだけコンパクトに収めたいですからね。

つまり、
どうしてもミニサイズが欲しいなら、こんな感じで使い分けるのが良さそう。

使い分け例

・旅行⇒普通サイズのヘアアイロン
・近場の外泊⇒ミニサイズ


【旅行には不向きだけど】ミニなどのおすすめはコレ

旅行なら普通サイズが良いと思いますが、もし「どうしても欲しい」「近場の外泊で便利そう」と思ったのならミニサイズもあり。

次は私が選んだ時に参考にした「ミニサイズ・コードレスのおすすめ」を一つずつ紹介しますね(^^)

ミニサイズのおすすめ

絹女ミニ

全長 15cm
重さ 82g(本体のみ)

絹女ミニは最小クラスのヘアアイロン。
とにかく小さくて、バッグやキャリーケースの中身を「極限までコンパクトに抑えて旅行や外泊を楽しみたい」と思っている人に特におすすめ。

シリコンキャップの付いているので、使い終わった後にスグに持ち運べるのも嬉しいところ。

絹女ミニの詳細を見る

コードレスのおすすめ

ベレニケコードレス

全長 19cm
重さ 150g

正直に言うと、外泊ではコードありのミニヘアアイロンの方がおすすめ。
旅行では普通サイズがおすすめだと思っています。

でもバッグが小さくて、どうしても荷物を押さえる必要があるなら、コードがない分コンパクトなコードレスを選びましょう。

コードレスはパワー弱めのイメージがあるけど

コードレスヘアアイロンはコンセントに繋がないので、パワーが弱め。
温度が低く、前髪しかセットできない…

そんなイメージがありますが、ベレニケはコードレスの中では温度が高め。
外泊先でのストレスをできるだけ減らしたいなら、ベレニケを選びましょう。

ベレニケの詳細を見る

買い替えを検討しているなら

普通サイズの旅行用おすすめのヘアアイロン

「どうしても荷物をコンパクトにしたい!」という方のために、ミニヘアアイロンを紹介しましたが、やっぱり旅行に持っていくなら、私は普通サイズのヘアアイロン。

旅行先では時間が大事ですからね(^^)
もか(私)
もか(私)

この考えに共感していただいた人は、
今持っているヘアアイロンを持っていくのもありですが、もし買い替えを検討しているなら、コレがおすすめ。
↓↓↓

美容師さんが愛用の傷みにくいヘアアイロン

絹女ワールド

絹女ワールドというヘアアイロンです。
プレートに髪が傷みにくい素材を採用していて、コレに変えてからは髪の傷みを気にせずに使えるようになりました。

知り合いの美容師さんも使ってる

知り合いの美容師さんもプライベートで使っているヘアアイロンんシリーズで、とてもおすすめ(^^)

収納用の耐熱シリコンキャップも付いているので、旅行先で使い終わった後に、スグにバッグにしまえて便利ですよ。

感想を別記事で伝えています

絹女には2種類あり、私はもう一つの「絹女ノーマル」の方も使っています。
そちらを使った感想などを他の記事で伝えているので、気になった方は参考にしてみてくださいね。

絹女の詳細を見る


旅行で持ち運ぶ時の注意点

ここからはヘアアイロンを旅行で持ち運ぶときの注意点や疑問などに答えていきますね。

旅行で飛行機にヘアアイロンを持ち込み予定なら

機内に持ち込める?

もちろん、ヘアアイロンは飛行機内に持ち込み可能です。

コードありのヘアアイロンなら、確実に大丈夫。

コードレスでも各航空会社によってリチウムイオン電池(充電式の機器に付いている電池)の持ち込み制限がありますが、ヘアアイロンから電池部分を取り外せるタイプなら大丈夫。

バッグから取り出しやすいようにしておきましょう

持ち込みは可能ですが、確認のために「バッグからヘアアイロンを出してください」とお願いされることがあります(経験あり)。

キャリーケースの奥に入れていると、取り出しに時間がかかり恥ずかしい思いをしてしまうため、念の為バッグの取り出しやすい場所に入れておきましょう。

ヘアアイロンを機内持ち込みする際の詳しい説明はこちらでも伝えています。
詳細に知りたい人は参考にしてくださいね。

ヘアアイロンを飛行機内に持ち込む注意点

海外旅行で使いたい人は

電圧やコンセントに注意

海外に旅行にいく予定の人は、ヘアアイロンが「海外に対応しているか」も確認しましょう。

ヘアアイロン本体に貼ってあるシールや説明書などに「電圧100-240v」などと記載があれば対応しています。
逆に「電圧100v」などしか記載がない場合は、非対応なので海外では使えません。
買い替えを検討しましょう。

記事中で紹介した機種ですが、海外対応で旅行に持っていくならこのヘアアイロンがおすすめ。
↓↓↓
海外対応のおすすめヘアアイロン

耐熱の収納ケースもあると旅先で便利

旅行先では時間が大切。
朝はゆったりメイクして、朝食をとって出かけたいですよね。

そこで、使い終わった後はヘアアイロンをスグにしまえるように、耐熱ケースがあると便利。

おすすめはコレ

耐熱ケースは色々ありますが、持ち運びしやすいのはこんなタイプ。

シャイニーピンク耐熱ポーチ

ヘアアイロンおきにも使えますし、スグにクルッと巻けて、やけどなどの心配もなく便利。
少しだけ冷ませば、そのままバッグにも入れられます。

この耐熱ケースの詳細を見る

他の耐熱ケース(自宅で使える)を見る